Accessible Code(アクセシブルコード)は、日本語を読むことが難しい外国の方、文盲の方、視覚障害をお持ちの方々が、スマートフォンで読み取って、外国語や音声で情報を取得できるように作られた2次元コードです。通常は、商品のパッケージに印刷してご利用頂くことで、各メーカーから世界中の消費者に対して、格差の無い情報提供を可能にします。(商標・特許を取得済)

Accessible Codeは、オープン規格であるQRコードを利用しています。その為、消費者が専用のアプリを使う必要が無く、世界中の端末に既にインストールされている汎用的なQRコードリーダーで読込み、音声再生して頂く事が可能です。全盲の人でも何故スマートフォンが使えるのか? どうやってコードを読取るのかについては、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共同で実施したプレスリリースもご参照下さい。

世界をバリアフリーに

icon
多様な消費者への包括的な情報提供が可能に

商品パッケージ(包装資材)に印刷してご利用頂くことで、その商品の原材料、用法・用量などを幅広い消費者の方々へお伝え頂けます。情報は多言語化、音声読み上げが可能なことから、日本語を読めない外国籍の方、文盲の方、視覚障害をお持ちの方でもスマートフォンを通じて主体的に情報取得ができます。
また、オープン規格であるQRコードを利用している為、消費者は専用のアプリをダウンロードする必要が無く、世界中に普及している各種の汎用的なQRコードリーダーアプリで読込み、音声再生して頂く事が可能です。

アクセシブルコード多言語化対応言語
シオノギヘルケア(株)様のケース
7言語:日本語. 英語. 韓国語. 繁体字. 簡体字. ベトナム語. ポルトガル語

icon
スペース課題を解決

アクセシブルコードを一つ設置するだけで、これまで多言語表記や点字対応の難しかった商品包装のわずかなスペース(16mm四方)で、視覚障害の有無に関わらず世界中の消費者に商品情報を届けることが出来ます。
一度作成したコンテンツは状況に応じて表示内容の更新が可能。商品パッケージの中に、別途、多言語での説明書を内包することなく、最大で15言語の文字と音声によって、消費者は必要不可欠な商品情報を得ることが可能になります。

icon
消費者データの分析が可能

消費者がアクセシブルコードを読み込むことで、その商品情報が、世界のどこで何語によって取得されたのかを管理画面上から確認し、そのデータをCSV形式でダウンロードする事が可能です(個人を特定する情報は除く)。
これまでのPOSデータでは、店頭での購入時点までしかその情報が追跡出来ませんでしたが、国内で販売された商品でも、実際は海外で消費されるというケースも増えています。Accessible Codeをご利用頂くと、世界全体でリアルな消費地のデータを掴んで頂くことが可能になります(読取り位置のデータは、個人情報に配慮して、百メートル程度の誤差≒曖昧さが生じる取得方法を採用しています。)。

取得できるデータ例(※個⼈情報を特定しない範囲で得られる情報)
・コードを読み取った日時
・おおよその場所
・表示された言語
・ユーザー数
・アクセス数

アクセシブルコードのご紹介

実証実験から得られた視覚障碍者の声

Accessible Codeは、3年以上に渡る視覚障害者支援団体との取組みの中で、現場のニーズを詳細にヒアリングすることによって誕生しました。
視覚障害をお持ちの方々にとって、日常生活における最も大きなバリアの一つが、食品や医薬品など実際に口にするものの情報を自分自身で取得するのが難しい事です。(以下は、視覚障害者100名への複数回答によるアンケート)

こういうものにコードがついていて欲しい(情報が知りたい) 食料品などの種類 — 50名 食品の賞味期限 — 35名 飲料の種類(アルコールや糖分の有無など)— 22名 食品の産地や原材料名 — 19名 薬の情報(処方など) — 17名 服の情報(色・素材・洗濯方法)— 16名 洗剤などの種類 — 14名 受取り郵便物(宅配便など)— 12名 インスタントラーメンの食べ方 — 12名 列車やバスの時刻表 — 9名 飲食店のメニュー — 8名 電化製品の説明書 — 7名 役所からの書類 — 6名 音楽CDの種類 — 5名

アクセシブルコードの仕様

  • ・ 2次元バーコードとしてQRコード(1) を使用する。
  • ・ 大きさは一辺10mm以上で、余白を入れた印刷幅を16mm(±1mm)とする。
  • ・ コードの1辺を29セル以内とする。
  • ・ 誤認識を防ぐため、商品バーコードと同じ面への印刷は避ける。
accessible code detail

コードの位置を触覚で判別

次に、印刷面(包装資材)の仕様については、コードがある位置を触覚によって明示する事が必要です。
その際、以下の2つのいずれかの方法を取ります。

accessible code deboss and emboss
  • ・ コードの4隅に、直径約1mmの点字上の突起(点字のJIS規格と同じ仕様)を使用する。
  • ・ コードを囲む4辺をデボス(凹)加工してその存在を明示する。

コードの位置を触覚によって認知させる方法は、その他にもシールによる貼付や、全体をエンボス(凸)加工する方法もありますが、流通上の問題と、既存のパッケージデザインで見られる触覚認知との混同を避けるために、上記の仕様を取っています。
その他にも、弱視や色弱の障碍者にとっても、QRコードは白黒のマトリックスである為、その存在が認識しやすいという利点があります。

accessible code package

出典:日経クロストレンド
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00473/00011/

採用事例

医薬品パッケージへのアクセシブルコード導入事例
シオノギヘルケア株式会社icon link

シオノギヘルスケア株式会社の新セデス錠などOTC医薬品でAccessible Codeが採用され、情報のバリアフリー化を実現する商品包装のマイルストーンとなりました。(弊社のプレスリリースはこちら

視覚障害当事者からの医薬品情報に対するバリアフリー化の要望は従来より高く、パッケージにアクセシブルコードを導入したことで、当事者の方々が第三者を介さずに主体的に情報取得が可能になりました。

また、対応言語は7言語(日、英語、韓国語、簡体字、繁体字、ベトナム語、ポルトガル語)となっているため、訪日外国人だけではなく、近年増加傾向にある在日外国人で日本語の読めない方にとっても言語による壁がなくなりました。

シオノギヘルスケア様では、新セデス錠だけではなく現在様々な製品へのアクセシブルコード導入を進めて頂いており、今後も拡大が見込まれる予定です。

【導入製品名】
新セデス錠
セデスハイG
シナールLホワイトエクシア
シナールEX顆粒、チュアブル錠
シナールEXPro顆粒、チュアブル錠
ベリチーム
メジコンせき止め錠Pro  など

(シオノギヘルスケアからのリリースはこちらicon link
(日経クロストレンドの記事はこちらicon link

お問い合わせ/Contact Us

ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。