より良い成果を求めるWebサイトに完成はありません。
公開後はWebサイトを活用したデジタルマーケティングやサーバ環境のメンテナンスなど、サイト公開後も考慮する点がたくさんあります。
エクスポート・ジャパンでは、そのような運用・保守をワンストップでサポートいたします。

多言語Webサイトの保守・運用に必要な要素とは?(一例)

icon
Webサイトの情報更新

各言語のユーザーニーズを満たすことができる情報の発信が重要です。Web解析から判明してくるユーザーの動向やリアクションを基に、発信する情報や手段を改善し続けることがWebサイトのポテンシャルを引き出すためにも必要です。

また、特にコンスタントに大量の更新が発生する場合や、海外現地事務所と連携した情報収集や更新が必要な場合、コンテンツの分量や性質に応じた更新フロー・体制を構築すること、及び、状況変化に応じて柔軟に調整することが必要となります。

icon
アクセス解析やコンテンツの追加

どこの国からのアクセスが多いのか、ユーザーはどのページを見ているのか、当初設定した目標指標は達成できているのか。

発信した情報を基にWebサイトへのアクセスを分析することで、今後追加するべきコンテンツ、最適化すべき導線設計などが明らかになってきます。

icon
サーバー・ドメインの管理更新

Webサイトを適切な状態に保つため、サーバーやドメインを管理し、安全な環境を維持することが必要です。

エクスポート・ジャパンにお任せいただくとできること

多言語コンテンツ制作の効率化

日本人スタッフと翻訳を管理する各言語のネイティブスタッフがすぐに意見交換できる体制により、ターゲット国に応じた外国人に伝わるコンテンツ
を提案いたします。
また、翻訳も高い品質を担保することが可能です。

海外向けの広告運用

継続的にWebサイトの効果を出していくために、サイトの更新と並行してGoogle広告など主要な広告手段を用いる事も必要です。
特に各言語で適切なキーワードを選定するには、その言語でネイティブもしくはネイティブに準ずる語学力を持ち、なおかつ日本語のニュアンスも理解する運用担当者が必要です。
エクスポート・ジャパンでは、 日本人以外で複数名の担当者がGoogleの広告運用に関する資格を取得しています。また、中国の主要検索エンジンである百度への広告や、それぞれの事業領域で発信力を持つ外国語サイトに対しても、日本企業の広告掲載を仲介するサービスを行っています。

システム管理・アクセスの正常性監視

CMSのバージョンアップやドメイン・サーバーの更新、SSLサーバー証明書の更新、外部SNSとの仕様の調整など、Webサイトが問題なく使い続けられるようなメンテナンスが必要です。このようなメンテナンスを一括でお任せいただくことも可能です。
また、各国から正常にアクセスができる状態を維持できているか、日本国内からでは分かりにくい海外環境からのアクセス監視も実施いたします。

情報セキュリティー強化

リモートワークの増加と合わせてニーズの高まる情報セキュリティへの対応性を高めるため、 社内システムやCMSなどのWeb更新システムなどに、IPアドレスなどいくつかの手段によるアクセス制御の仕組みを導入いたします。

お問い合わせ/Contact Us

ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。