image

「Office Wagashi」動画の舞台裏 どらやき

和菓子
profile

F. Izumi

2021年11月19日

こんにちは。経営支援の泉です。

本日、「Office Wagashi」のYoutube動画がリリースされました。

簡単にご紹介すると、「Office Wagashi」とは、社内の新規事業提案から生まれたプロジェクトで、三度の飯より“和菓子好き”のメンバーの発案によって、企画実現化されました。

定番和菓子から季節の和菓子などを「マンスリー和菓子」として紹介し、定期的に配信していきます。

さて、記念すべき初回ということで、特別取材すべく、現場に潜入し撮影の舞台裏をレポートしたいと思います。


10月吉日、会場は東京スタジオこと東京オフィス会議室。「Office Wagashi」まさにコンセプトのごとしですね!

撮影場所は東京オフィスで白い壁の前に緑のテーブルクロスをひいたテーブルがあり、撮影機材がおかれています。

設営準備を終えて、撮影メンバーも続々会場位入り。

14時、打合せスタート。

台本や絵コンテを確認しながら、メインホストのデキ(Office Wagashiの発案者)がイメージを伝えていきます。
全体の流れをシュミレーションしていきます。

撮影メンバーが机のまわりに集まり対あわせをしています。

リモートワークの中、準備を進めてきたこともあり、ここは念入りに打合せを進めます。
実は、初顔合わせのメンバーも。

撮影メンバーが撮影の打合せをしており、和菓子にホストが手をのばしています。

本回の和菓子テーマは「どら焼き」。

ディレクターを務めるイフテカール、サブディレクターのマイクが手際よく、素材となるべく写真の撮影を進めます。

どらやきのズームショットをカメラで撮影している様子です。

両人ともプライベートにおいても写真や動画を趣味にしていて、腕前は相当のもの。
(おいしそうなどら焼きを目の前にして、ここはグッと我慢です。)

カメラマンのイフテカールがレフ版を調整しています。

器や小道具にも、色々こだわりがあるようです。

ホストのデキとスタッフが食器などを調整している様子です。

15時、いよいよメイン動画撮影のスタートです。

本番はカンペ無し。台本の最終チェックをして、大きく深呼吸。デキ、頑張れ!!
「アクション!」アシスタントのズィアの掛け声で撮影が始まると、雰囲気はピリッと緊張感に包まれます。

ホストのデキの前にどら焼きがおかれ、手前にはカメラがうつっています。

同じ映像が続く動画は見ているユーザーを飽きさせてしまうため、別角度から撮影したり、短くカットをして変化を持たせます。1カットずつ確認しながら、カメラワークも調整を行います。全26カットの撮影を行いました。

カメラマンのイフテカールがカメラのファインダーをみつめている様子で、奥にはホストのデキがどら焼きを持っている様子が映っています。

エアコンや、外の音も気になります。

横の角度からカメラマンのイフテカールとホストのデキ、奥には撮影スタッフオンズィアが映りこんでいます。

映像と音声を別撮りにするのか、一緒に取るのがいいか、進めていく中で変更も出てきたり。
マイクをつけて再トライ。

ホストのデキのピンマイクをイフテカールが調整しています。

撮影終盤、最後のカットをチェック。「OK!!」

撮影したカットをカメラをのぞき込んでイフテカールとズィアがチェックしています。

19時、無事撮影が終了。

拍手と安堵につつまれました。皆さん本当にお疲れ様でした

横から見ているだけの私でしたが、6分の映像を作るのがこんなに大変だとは思いませんでした。しかし始終抜群のチームワークを見せてくれました。また、普段とはちがったメンバーの一面に触れることもできて、とても刺激的でした。

さぁ編集でどんな仕上がりになるでしょうか。おたのしみに!(ようやく、どら焼きにありつけますね!笑)


メンバーからの一言

デキ:(メインホスト)
動画を見ればわかると思いますが、スーパー緊張でした。自分が作ったはずのスクリプトを、撮影開始したら、頭が真っ白になりましたwwそのせいで、何回もリテイクしないといけなく、長時間の撮影になって、サポートするメンバーに申し訳ないと思います。動画を作成するたびに、慣れてよりスムーズに撮影できるように願っています。

イフテカール:(ディレクター)
I was acting as a Director for the Office Wagashi Project video shooting for “Dorayaki”. This was my first experience shooting for the Wagashi project. I was very happy with the script preparation. The overall script and photographs preparation before shooting was great. There were a few difficulties while shooting. The camera, mic, and the room. Usually, when it is too warm or cold, without Air conditioning it will be difficult to stay in the meeting room. But, Air Conditioner makes noise. So, I think using a good wireless/wired mic near to the mouth will be perfect for shooting. This time we used two/more cameras to shoot the Wagashi close-up videos. So, as a backup plan with a single camera, I need to take the close-up shots earlier. During the video, I don’t recommend moving to the place. It will be difficult to keep everything in the same position again.
和菓子プロジェクトの撮影は初めての経験でした。台本の準備にはとても満足しています。撮影前の脚本や写真の準備は全体的に良かったです。撮影中にはいくつかの困難がありました。カメラ、マイク、そして部屋です。通常、気温が高かったり低かったりすると、エアコンがないと会議室にいることが難しくなります。しかし、エアコンは音を出します。そこで、無線/有線のマイクを口元に近づけて撮影すれば完璧だと思います。今回、和菓子のアップ映像を撮影するために、2台以上のカメラを使用しました。そこで、1台のカメラでのバックアッププランとして、アップの撮影を早めにしておく必要があります。ビデオの最中、その場所に移動することはお勧めできません。すべてのものを再び同じ位置に保つことが難しくなるからです。

マイク:(サブディレクター)
商品やメイキング撮影、テーブルセッティングをサポート致しました。
和菓子を美味しく演出するように、どんな食器を使うか?どのアングルで撮れば良いか?いろいろなテストしてみました。
動画をご覧になる皆さん、和菓子にもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

ズィア:(アシスタント)
台本、絵コンテ準備、和菓子や小道具セットアップ、撮影&編集補助など担当しました。
元々和菓子に興味があるので、仕事で和菓子のプロジェクトに参加できるのは嬉しかったです。動画を作るには様々なスキルが必要で、みんなの努力が欠かせないと思います。


以上、「Office Wagashi」の舞台裏をお届けしました。
番組への感想やご意見などもお待ちしておりますので、どうぞ宜しくお願いします。

笑顔のデキがどら焼きを片手にもちあげて、にっこり微笑んでいます。

Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCfROIYX70jHa1ZajNiubGgA
instagram : https://www.instagram.com/officewagashi/