こんにちは、経営支援部の福島です。梅雨が終わったかと思うと、急に猛暑がやってきました。コロナ患者も増加傾向にあり、なんだか大変な夏になりました。

さて、7月から新しいスタッフMikeが加入しましたのでインタビュー形式でご紹介させて頂きます。


Q:Where are you from? (city name and country)
Please tell us about the good points of your city.

出身はどこですか?出身地の良いところを教えてください。

海を背景に香港出身の新しい男性社員のマイクがたっている写真です。

Hello, I’m Mike and I’m from Hong Kong. As you may already know that Hong Kong has the most expensive rents in the world(sad but true), apart from this, Hong Kong is a livable city where you may enjoy shopping, dining and nature. Top brands and delicious food from all over the world can be easily found in the city. Meanwhile, you may visit the hiking trails that offer scenic coastal scenery from everywhere in Hong Kong for just around one or two hour by public transport.

こんにちは、香港出身のマイクです。香港の家賃が世界一高いのはご存知かと思いますが(悲しいですが、本当です)、それとは別に、香港は住みやすい街で、ショッピングや食事、自然を楽しむことができます。世界中のトップブランドや美味しい食べ物を簡単に見つけることができます。また、公共交通機関を利用して1~2時間程度で、香港のどこからでも美しい海岸線の景色を楽しめるハイキングコースを訪れることもできます。

Q:Where is your recommended location in Hong Kong?

香港でおすすめの場所を教えてください。

フェリーから見える香港の夜景の写真です。うつく

If you’re visiting Hong Kong for the very first time, I will recommend Central & Mid-levels, an interesting district that old meets new. The historical buildings, local markets contrast sharply with the modern high-rises. You may also take the Star Ferry to enjoy the iconic night view of Victoria Harbour.

初めて香港を訪れる方には、古いものと新しいものが融合した面白い地区、セントラル&ミッドレベルズをお勧めします。歴史的な建物やローカルマーケットが、近代的な高層ビルとのコントラストを際立たせています。また、スターフェリーに乗ってビクトリアハーバーの象徴的な夜景を楽しむのもいいでしょう。

Q: What are your interests or hobbies?

興味があることや趣味は何ですか?

I enjoy traveling in Japan outside the metropolitan area for taking pictures or hiking, visiting cafes, ramen restaurants and sentos on weekends.

These days I spend most of the time at home(and I hope you’re doing the same, too!) and I prepare my own meals everyday. Would like to get started in baking, otherwise I may get bored with cooking at home.

週末には写真を撮ったり、ハイキングをしたり、カフェやラーメン屋さん、銭湯に行ったりと、首都圏以外の国内旅行を楽しんでいます。

最近は家で過ごすことが多く(みなさんも同じだと思いたいです!)、毎日自炊をしています。これからパンやお菓子作りを始めたいと思っています。さもなければ、家で料理をするのに飽きてしまいそうです。

Q:What is the weirdest thing for you in Japan?

日本で一番変だと思ったことは何ですが?

The weirdest thing for me in Japan is, there are many direct trains run to the stations of other lines. For example, Tokyo Metro Chiyoda Line offers direct trains to Isehara(Kanagawa Prefecture), which is under Odakyu Odawara Line. I had no idea if I needed to transit for the first time visiting Japan and it’s interesting that two companies sharing the trains.

日本で一番不思議なのは、他の路線の駅にも直通列車がたくさん乗入れしていることです。例えば、東京メトロ千代田線では小田急小田原線の伊勢原(神奈川県)への直通列車があります。初めて訪日したときは乗り換えが必要なのかどうかわかりませんでした。2社が駅をシェアしているのは面白いですね。

Q: Where would you like to visit in Japan?

日本でどこを訪れてみたいですか?

背景に山波が連なり、日本家屋の屋根には雪が積もっています。そして、日本家屋の前には雪にうっすら覆われた田んぼが広がっている景色の写真です。

I’m really into Niigata Prefecture, the greatest rice-growing area in Japan since I visited there in 2018. I’m interested in the fermented food culture, local production for local consumption and the beautiful winter scenery. I wish I can visit all over Niigata, Sado Island and Murakami are on my bucket list.

2018年に訪れて以来、日本一の米どころである新潟県にハマっています。発酵食文化や地産地消、冬の美しい風景に興味があります。新潟のすべての場所に行けたらいいな、佐渡島と村上市は死ぬまでに行きたい所リストに入っています。

Q:How do you feel about working in Japan?

日本で働くことについてどう思いますか?

It does not make much difference working in Japan and Hong Kong as I’m doing office work. What you need to work in Hong Kong is efficiency, while people in Japan do the things fine and carefully. It would be an advantage to finish tasks with the two work styles flexibility.

オフィスワークなので、日本で働いても香港で働いてもあまり違いはありません。香港で仕事をする上で必要なのは効率性ですが、日本の人は細かく丁寧に仕事をしています。2つの働き方を柔軟につかってタスクを終わらせることができたら、強みになると思います。

Q:What are you studying at your university?

大学では何を勉強していましたか?

I studied Digital Media Design, focused on Graphic Design and Typography. My favorite class is lecture on Art History, there is a very wide range of topics, appreciating the art pieces by the cultural, philosophical and historical angles. This is the key to look at things from different points of view and this is definitely a great experience for me.

グラフィックデザインとタイポグラフィを中心に、デジタルメディアデザインを勉強しました。私の好きな授業は美術史の講義で、文化的、哲学的、歴史的な観点から美術品を鑑賞したり、非常に幅広いトピックを扱っています。これは、異なる視点から物事を見るための鍵であり、私にとって素晴らしい経験となりました。