こんにちは。経営支援部の石原です。

爽やかな気候となりました。お出かけに最適な季節ですが、緊急事態宣言を受け、ステイホームがしばらく続きそうですね。

そんな中、EXJに4月から新しいスタッフが加わりました。

前職はマレーシアで仕事をしていた友景と言います。それでは、恒例のインタビュー形式でご紹介いたします。


アジアの異国情緒あふれる屋台の前撮影した1枚

Q: 出身はどこですか?出身地の良いところを教えてください。

出身は山口県です。山口の中でも農村みたいな田舎の出身なので、地元を散歩すれば知らない人でもお互いに「こんにちは」と挨拶しあう文化があるのが良いところかな、と思います。

山口県の田園風景

Q: 興味があることや趣味は何ですか?

趣味は読書で、フィッツジェラルドとか好きです。

それと、ボランティアでウェブサイトの運営をしていて、そのウェブサイトの改善とか、ユーザーとのやり取りが好きで最近楽しんでいます。

後は、ダイエットを頑張っています。3か月で6キロ痩せました。笑

Q: 大学では何を勉強していましたか?

大学では西洋史学を専攻していました。特に古代ローマ市民の組合とか、コミュニティなどを研究していました。この時代の組合・団体でも政治・社会的な影響力が実は存在していて、ニッチですが面白い分野でした。

Q: マレーシアでの生活で、最も印象に残っていることは何ですか?

やっぱりコロナですね。急にオフィス出勤できなくなって、レストランも持ち帰り以外は営業不可、さらに警察や軍が検問をいろんなところで始めて、初めはかなり困惑しました。

日本に帰国する時も、直前に移動制限令が突然発令されたので、急いで家をでて出国前日から空港に泊まるなど、最後まで油断できない状況でした。

Q: 海外旅行するならおすすめの場所を教えてください。

インド・デリーのチベタン・コロニー (Tibetan colony)です。当時働いていた会社の人に連れて行ってもらったのですが、狭い路地が1キロほど続く場所です。路地に入ると昼間でも急に暗くなって、インドとチベットの文化が混ざった不思議な雰囲気に包まれます。

それと、デリーに行くならデリーの代官山といわれるハウズ・カズ・ヴィレッジ(Hauz Khas Village)もおすすめです。若者向けのショッピングエリアで、お洒落な現代インドが楽しめます。きれいな革小物とか、良い意味でインドっぽくないお土産が買えます。

高地からインドの街に夕日が沈む様子を撮影した1枚

Q: EXJの1か月を振り返っての感想は?

入社したばかりですが、気さくな方が多く、リモートでもコミュニケーションがとりやすいです。会社や案件についても丁寧に教えていただいて、仕事がしやすい環境だな、と思います。

また勉強熱心な方も多く、会社がそれをサポートする環境にあるのも、大変魅力的に感じました。