GLOPACのウェブサイト トップページのキャプチャイメージ

ウェブサイト:GLOPAC(グローバル金融連携センター)

ウェブサイト制作 / コンテンツ制作 / インバウンド・マーケティング

エクスポート・ジャパンではこの度、金融庁様のグローバル金融連携センター(GLOPAC)の英語ウェブサイト制作を担当しました。

このプロジェクトのメインの目的はGLOPACプログラムの参加者、または参加希望者と卒業生のための英語サイト制作で、ターゲットに合わせた情報提供が非常に重要な要素でした。そのため、企画の段階からネイティブコンサルティングを行い、ネイティブ目線での企画及び制作を通して、GLOPAC研修プログラムの実際の様子を伝えることを中心に据えたプロセスとなりました。

GLOPACとは

グローバル金融連携センター(GLOPAC)とは、「金融インフラ整備支援及び海外金融当局との協力関係強化」を目的として、GLOPAC Fellowship Programの研究員として新興国の金融当局者を金融庁が定期的に受け入れる取り組みです。(2021年7月現在までに受け入れた研究員は延べ166名程度となっているとのことです。)

What We Did

  • ネイティブコンサルティング
  • 英語ウェブサイト制作
  • 写真撮影
  • 動画制作
  • ネイティブによる英語ライティング
GLOPACウェブサイトからイメージの抜き出し。GLOPACプログラムの概要と、その目的を解説しています。GLOPAは、世界の金融市場に関連する問題に対処すること。金融セクターのインフラストラクチャの開発を支援すること。世界中の金融当局との関係を構築することを目的に作られたプログラムです。

背景

GLOPACは、その前身組織であるAFPACも含めて2014年からの取り組みとなっております。しかしGLOPACの情報は、これまで「金融庁のサイト内の一部としてのGLOPACページ」が存在しているという状況でした。そのため、コンテンツ内容、構成、ユーザビリティ、操作性やビジュアルなど様々な面で課題がありました。
また、GLOPACのページ情報は関係者向けコンテンツが中心となっていました。しかし、ウェブサイトの役割として、「世界的な知名度向上を目指すこと」も今後の重要な目的の一つであったため、前述の課題解決と合わせて、GLOPACウェブサイトの全面リニューアルをすることになりました。

当初から重要視されていたのは、デザインや新しいサイトのインパクトです。しかし、過激な配色や表現等を避け、アクセシビリティーやユーザビリティーへの配慮も同じく重要でした。そこでウェブ制作の基本に立ち返り、コンテンツの内容に合わせたデザインを前提とし、色合いや構成、コンテンツの配置、ライティング等のすべてを、金融庁様の配信情報にふさわしい形として提供できるよう心掛けました。

ネイティブコンサルティング

目標を達成するためのプロセスは、先述した英語の専用ページ以外、GLOPACの日本語サイトは存在していなかったので、金融庁様にヒヤリングを行った上、弊社のネイティブコンサルタントチームがサイトマップや各ページのコンテンツ、ワイヤーフレーム等を提案する流れとなりました。ネイティブによるビジュアル面の提案によって、サイトのイメージが双方にとってより明確となり、具体的な相談や詳細を詰めていくことが可能となりました。結果的に、最初の段階からネイティブの意見を反映しつつも、クライアント様の要望にも柔軟に対応した制作となりました。

注目ポイント ❶

「実際の様子を伝えること」は重要な課題の一つでしたので、ビジュアルには様々なこだわりの要望があがってきました。

ウェブ制作においてストック写真を利用することは一般的ですが、GLOPACサイトに関しては、金融庁様から提供いただいた卒業生の写真を中心に配置しました。また、実際に行われているGLOPACのプログラムの雰囲気がよりリアルに伝わるよう、プログラムに携わっているスタッフの皆様の写真や、プログラムの参加者が実際に使っている部屋の様子などを弊社側で撮影を行い、デザインの中に採用されることになりました。

About GLOPACのコラージュ画像。研修機関の様子、指導の様子やオンライン・オフラインでの会議の様子を表示しています。
注目ポイント ❷
GLOPACプログラム参加者の集合写真

通常は、GLOPACプログラムの参加者は日本に滞在していますが、制作進行時はコロナ禍でのプログラム実施でした。参加者は日本にはおらず、プログラム自体もオンラインの形式に変わっていました。
しかしそのような状況でも、現在の技術を考えると問題ではありませんでした。スタッフの取材や撮影は問題なく行われ、GLOPACの参加者や卒業生への取材はオンライン形式で行いました。画面のキャプチャ機能などを使い、質の高い集合写真など問題なく揃えることができ、サイズの大きな画像でも、違和感のない素材を用意することができました。

写真撮影

デザインに使われた画像は当初、ストックフォトを多用することも検討しました。しかし、それではGLOPACのリアルな様子を伝えることは難しく、ありきたりのウェブサイトになる懸念があったため、最小限の使用に留めることにしました。過去のGLOPACプログラムの画像や、オンラインでのプログラムのインタビュー時の撮影画像、そして、今回のプロジェクトの主役ともいえる、実際にプログラムが行われる箇所で撮影した写真を中心に利用しました。スタッフ紹介の部分では集合写真が必要となりましたが、金融庁様の方々に協力していただき、実際のプログラムの様子に近いものも撮影させていただき、そちらの画像もデザインに生かすことができました。

GLOPACのプログラムページに使用された画像。会議室でメンバーがプレゼンテーションを行っており、周囲の参加者がそれを聞いています。

動画制作

ウェブサイト制作以外では、GLOPACの事業を紹介する動画もエクスポート・ジャパン側で制作しました。こちらも写真と同様に、ハイブリッド形式の取材となり、実際に金融庁様の方で撮らせていただいた部分とオンラインで行ったインタビューを組み合わせたものとなりました。

YouTubeのリンクはこちらとなります。
About GLOPAC (YouTube)

コロナ禍という状況の中でイレギュラーな対応となりましたが、インターネット環境さえ問題なければ、国境を超えたインタビューも問題なく進めることができました。コロナという予想できなかった状況であっても、弊社は常にクライアント様の立場にたって、柔軟な対応を心がけています。

インタビュー撮影の様子。ビデオグラファーが撮影機材の準備を行っています。
インタビュー撮影の様子

英語ライティング

本プロジェクトでは、日本語サイトがなかったことから、翻訳やリライトではなく、共有していただいた日本語の資料をもとに、全コンテンツの英語ライティングを行いました。ネイティブがライティングすることで、金融関連の専門用語を残しつつ、ターゲットユーザーとなるGLOPACプログラム参加者や参加希望者にとって分かりやすい表現を重視したコンテンツを提供することができました。

「日本語資料があれば、それを翻訳すれば済む話でないか。」と考える方もいるかも知れません。しかし、GLOPACの参加者には英語圏以外の国の方が多いため、それぞれのコンテンツの「分かりやすさ」が重要でした。したがって、日本語からの単純な翻訳だけでは充分ではありません。そこで、日本語の書類を確認し、担当者様や参加者・卒業生の話を聞き、さらに過去のお問い合わせ等も含めて、様々な情報を参考にしたライティングを弊社としておすすめし、最終的に採用されることになりました。金融庁の担当者様にも協力をいただき、何度も協議を重ね、クオリティの高いライティングを提供できました。

更に、今回のウェブサイトのターゲットにもなる参加者や卒業生と、弊社のコンサルタントが話す機会も頂きました。GLOPACプログラムに関する取材と同時にプログラム参加者・卒業生へのインタビューも行い、ライティングの部分だけでなく、デザインにもターゲットユーザーの声を生かすことができました。

GLOPACフェローシッププラグラムの詳細を載せているウェブページの抜き出し画像。

弊社のサイト制作では、どのような内容のサイトでも一方的に提案するだけでなく、クライアント様のニーズに応じて、柔軟な対応を常に心がけております。ご興味のある方は是非チェックしてみてください。