こんにちは。小学2年生になった次女の反抗的な態度に毎日イライラしている経営支援部の福島です。仕事している時が一番心おだやかです。w

さて、すこし間が空いてしまいましたがインターンの加入、中国籍スタッフの加入に続きまして、実は台湾出身のスタッフも加入しました!

Cafeめぐりやショッピングが大好きな陳をご紹介します。

インタビュースタート!


Q:出身はどこですか?

出身は台湾の台北です。
台北で一番好きな観光スポットは淡水というところです。駅の周りに店が多くて賑やかな感じですが、駅から離れると、カフェでのゆっくり過ごして綺麗な夕日を見えます。

そのほかの観光地はあんまり行かないですが、普段は市内のカフェか友達の家にいることが多かったです。

Q:学生時代はどんなことを勉強しましたか?

美術学部のグラフィックデザイン専攻です。デザイン専攻で卒業展示の作品はパッケージデザインの物でしたが、大学中の各プログラムでは企画と宣伝の方を主に担当しました。

Q:日本のお勧めの場所はどこですか?

福島県の奥会津地方です。ローカル電車(只見線)を乗りながら、綺麗な景色を満喫できて印象的でした。

Q:日本で感じた変なこととかありますか?

居酒屋、焼肉屋とかで子供連れの親が子供のとなりにタバコを吸うことです。

Q:どんなきっかけで日本に興味を持ちましたか?

高校時代に学校の訪日教育旅行を参加しました。その際に、全員Disneyに一日いる予定でしたが、友達と私はどうしてもshoppingがしたかったので、二人で電車に乗って舞浜から渋谷に行ってきました。

スクランブル交差点で日本の女子高校生に英語で話しかけて、「制服の上に着てるセーターはどこで買えますか?」と聞きました。すると女子高生たちは、英語をしゃべれなかったのですが、なんとなく意味をわかってくれて、ユニクロに連れてくれました。(あの時代、ユニクロはまだ台湾に進出していなかったな。)
それ以降、日本への興味を深めました。

大学の専攻は日本語と全然関係なかったのですが、日本に一度留学したい思っていたので、三年生の時から日本語の勉強をはじめて、その後交換留学生のプログラムを申し込みました。

Q: 将来どんなことをやってみたいですか?

ジャパンガイドの繁体字版のコンテンツを充実して、さらに愛されるメディアになれるように頑張ります。広告とmarketing関連のスキルを高めて会社に貢献していきたいと思います。


陳は現在運用中のジャパンガイド繁体字サイトの業務を中心に担当する予定です。写真の腕が抜群なのは、掲載した淡水や福島での思い出の写真から見てとれますね!昨年、台湾に私も行きましたが、ぜんぜん時間がなくてゆっくりCafeにいったりできませんでした。是非、陳にお勧めのCafeなどを聞いて、またリベンジしたいです。

これから、どんどん新たな視点やアイデアを出してもらい、頑張ってほしいと思っています。