メインコンテンツにスキップ

QR Translator

観光・文化財ライティングとは?

弊社は、今までジャパンガイド事業などを通じて得てきた知見やノウハウを活かし、多言語ライティング事業も行っています。

多言語ライティングとは、日本各地の観光資源・文化財の魅力を外国人にしっかりと伝えるための、外国人目線を意識しながら、日本語からの直訳ではない、読み手の外国人観光客にとってわかりやすいコンテンツの制作を指します。
近年では、観光庁や文化庁が自治体向けに多言語ライティング事業を対象とした補助…

【プレスリリース】情報バリアフリーを実現した医薬品パッケージが登場

シオノギヘルスケア(株)から発売の商品にAccessible Codeを採用

概要

視覚障害者や外国人に読むことが難しい医薬品等の説明情報について、パッケージ表面のQRコードをスマートフォンで読取るだけで、その端末の設定に応じた言語で説明書を音声化して読み上げる仕組みが実用化されました。Accessible Code(アクセシブルコード)と名付けられたこの仕組みは、全盲の人でも読取り可能であることが多…

【プレスリリース】視覚障碍と外国語に同時対応した商品パッケージを開発

たったひとつのQRコードで情報バリアフリー化を実現

概要

視覚障碍者が通常読むことが困難な食品や医薬品などのパッケージや説明書に書かれた情報について、QRコードを包装物の表面に印刷するだけで、手持ちのスマートフォンから簡単にコードを読取り、その端末の設定に応じた言語で説明書を音声化して読み上げる仕組みを開発しました。現在のスマートフォンには、視覚障碍者でも利用可能なアクセシビリティ機能が搭載されていて…

Work and leisure in Europe

Hey it’s Romain.

I just came back from Europe for leisure of course but also for work.

Here is a little summary of my trip!

I try to return in my home country (France) every two years to visit my family

商品パッケージに翻訳用のQRコードがぞくぞく採用

商品パッケージに日本語で書かれた原材料の表示や使用方法などは、日本語が読めない外国人には情報を伝えることが出来ません。アレルギーや宗教上の問題で、特に知っておく必要がある情報については深刻な問題にもなりますが、パッケージという限られたスペースの中で、日本語以外の情報を掲載する事は容易ではありません。

そういった懸念に対するソリューションとして、パッケージに貼られたQRコードを消費者が手持ちのスマート…

多言語化ソリューション「QR Translator」が東京都革新的サービス大賞を受賞!

多言語化ソリューション「QR Translator」が東京都革新的サービス大賞を受賞!



東京都が主催する世界発信コンペティションで、昨日、株式会社PIJINのQR Translatorが大賞に選ばれ、小池百合子東京都知事より表彰を受けました。


小池都知事と代表の高岡


株式会社PIJINメンバーとともに


「世界発信コンペティション」とは


製品・技術、サービスの開発を促進するため、「製品・技術(ベンチャー技術)…

【プレスリリース】フランスの高級レザーブランドがQR Translator を全世界の店舗で利用

2016年10月吉日
報道関係者各位
株式会社PIJIN / エクスポート・ジャパン株式会社


フランスの高級ブランドがQR Translator を全世界の店舗で利用
-フランス本社から社長が来日して銀座の店舗から利用をスタート‐


フランスの高級レザーブランドのひとつであるJean Rousseau(ジャン・ルソー)は、ものづくりにおけるブランド独自のこだわりを多言語で説明する為のツールとして「QR Tra…

UNESCO World Heritage 世界遺産とQRトランスレーター

コートのいらない日があったかと思えば、今日は雨がしとしと足元の冷える大阪です。
今年は寒暖の差もあり、三寒四温とはまさにこのことですね。

さて、弊社では週に1回プロジェクトレビューというプレゼンの業務があります。
各担当者が関わってきたプロジェクトを全体に共有することと、各自のプレゼンスキルを上げることを目的としています。
毎週さまざまなプレゼンがあるので、非常に興味深く、また勉強になります。

先日行われた…

QR Translatorの導入続々

昨日、日本コカ・コーラ社より、QR Translatorを用いた自動販売機の多言語対応についてプレスリリースがありました。これからオリンピックを見据えて、順次対応機を拡大し、2020年までに国内の8万台の自動販売機に設置を頂くことになります。

コカ・コーラシステム自販機の多言語対応開始(15言語で製品情報案内)
http://www.cocacola.co.jp/press-center/press-