2019年の観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」において、長良川うかいミュージアム様の英語解説文の作成を担当させていただきました。(実績紹介はこちら

作成にあたりご担当くださった、ビジットGIFU協議会 (岐阜観光コンベンション協会)様に本事業に関するご感想をお伺いしました。

うかいミュージアム
うかいミュージアム様の解説文対象の例

Q1. 本事業に参画された理由を教えてください。

インバウンド受入環境の充実を図るためです。

Q2. 媒体化例と、解説文納品後~媒体化の簡単な流れを教えてください。

スマートフォンなどでQRコードを読み取り、多言語解説ページへ飛ぶ仕組みとなります。

Q3. 本事業に参画される前、外国語の解説文はどのように作成されていましたか?

異動により過去事例の英訳仕様の詳細は分からないので推測ですが、既存の日本文を直訳する形だと思われます。

Q4. 本事業による解説文の進め方と過去の方法を比較した場合、大きな違いや難しさを感じた点はどのような点でしたか?

過去は看板を作成する過程で直訳的に多言語化していると思われる中、今回のように現地を体験しながら取材的に進める点は大きく違うと感じた。

Q5. 本事業を通して感じたことなど、ご感想を教えてください。

日本語で取材していただき、分かりやすく内容の確認をしながら進めた点は良いと思う。

Q6. 新型コロナウィルスで訪日観光客が激減したことにより、作成した解説文を外国人観光客にご覧いただく機会は減っているかと思いますが、それについて関係者より何かご意見等ありましたか?それはどのような内容でしたか?

作成した解説文は今後も残るので、アフターコロナを見据え、財産として活用していきたいです。


ご協力ありがとうございました。