こんにちは。経営支援部の石原です。

先日の台湾、韓国編に続き、今回はフランス編です。フランス人インターン、アントアンのレポートをご紹介いたします。


In France, the COVID-19 Pandemic started on the 24th  January 2020 when the first three cases were identified in metropolitan France.  Since when the situation has become worse and worse every day, and today, and that since the 17 Mars (till the 11th May) French are confined at home. However, thanks to strict measures, things tend to become better, but are still bad…

Thinking “it’s in China, far from us” then “it can’t become as worth as in China”, the French government, as well as Occident governments, in general, took time to take this problem seriously.

This reaction is also because that it’s the first time that we’re faced with a problem like this. Therefore, Occident Governments underestimated the Virus’s contagiousness and dangerousness.

フランスでは、COVID-19パンデミックは、最初に3つのケースが確認された2020年1月24日に始まりました。 それ以来、状況は悪化の一途をたどっています。そして、3月17日から5 月 11 日まで フランス人は自宅に閉じ込められています。しかし、厳格な措置のおかげで、事態は良くなる傾向にありますが、まだまだ深刻な状況が続いています…

パンデミックは遠く離れた中国での出来事で、中国ほど悪い状況にはならないだろうと考えていたフランス政府はもちろんのこと、ヨーロッパ各国の政府がこの問題に真剣に取り組むようになるには時間を要しました。

対応の遅れは、このような問題に初めて直面するということです。そのため、ヨーロッパ各国の政府は当初、このウイルスの伝染性と危険性を過小評価していました。

(外部リンク:https://mapthenews.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/5df19abcf8714bc590a3b143e14a548c

Country Policy 国の政策

French government measures started on February 23rd with the launch of a sanitary crisis plan, the “ORSAN REB ” plan.

Till’ now, because the situation is getting worse day after day, the French President has done 5 official speeches on TV, to inform the population of decisions that have been made, such as the closure of European and Schengen zone borders (March), the closure of shops, and the beginning of the containment (March, 13th).

フランス政府の対策は、2月23日に公衆衛生の危機に立ち向かう計画「ORSAN REB」を発表することから始まりました。

状況は日に日に悪化しているため、現在までにフランス大統領はテレビで5回の公式演説を行い、ヨーロッパとシェンゲン地区の国境閉鎖(3月)や店舗の閉鎖、都市封鎖の開始(3月13日)などの決定事項を国民に向けて述べています。

(外部リンク:https://www.france24.com/fr/20200312-coronavirus-municipales-maintenues-fermetures-des-%C3%A9coles-universit%C3%A9s-les-annonces-d-emmanuel-macron

Policy on containment 都市封鎖( ORSAN REB STEP 3)

First measures, closing of the national borders to Non-European borders, then to borders within the Schengen Area (until July).

From Tuesday, March 17th, beginning of the containment. Citizens must not go out of their home without a special paper telling what you are going to do (only going to the supermarket, going to the doctor/hospital, going to work, doing some physical activity close to your home are authorized). If no paper, you’re fined from 200€ to 3750€ and 6 months imprisonment (depending on the recidivism).

Strict measures have been taken. Now, go shopping alone by car, while one shopping cart for one person. The only person with who you can be is your family, but only at home, outside you must respect the social distance.

まず、ヨーロッパ以外の国からの入国拒否、その後シェンゲン圏内の国境閉鎖(7月まで)といった措置が取られました。

3月17日(火)から都市封鎖が始まりました。市民は、何をするためかを記載した特別な紙を持っていないと外出できません(スーパーに行く、病院に行く、仕事に行く、家の近くで体を動かすことだけが許可されています)。紙がない場合は、200€(約2300円)から3750€(約440000円)の罰金と6ヶ月の禁固刑(再犯の有無による)が科せられます。

厳格な措置がとられ買い物には単独で車で出かけ、カートを利用するのは一人と決まっています。同居の家族とは一緒に居られますが、外では、社会的な距離を保たなければなければなりません。

(外部リンク:https://www.youtube.com/watch?v=qviEGJr-gSI

(外部リンク:http://www.leparisien.fr/societe/coronavirus-le-confinement-a-petits-pas-a-paris-et-en-banlieue-17-03-2020-8282316.php

Working environment & School 職場環境・学校

Government asked companies to do Telecommuting. This measure is more or less respected, but there are still some people who need to go to their workplace to work.
The French President said during his speeches that “any company would be abandoned or letting doing bankruptcy because of the Covid-19”, he promised many helps (no taxes, lend of money without interest, he asked for bank cooperation, etc…).

Regarding Schools, all schools are closed from March 12th, until mid of July for Universities, and they are talking about an eventual gradually reopening for the rest of schools from May 11th.

政府は企業にテレワークの実施を求めました。この施策は多かれ少なかれ尊重されていますが、仕事をするためには職場に行かなければならない人もいます。
フランス大統領は、演説の中で、新型コロナウイルスが原因で企業が倒産を免れるよう、多くの救済措置を約束しました(無税、無利子でお金を貸すなど銀行に協力を求めました)。

大学は3月12日から7月中旬まで休校で、それ以外の学校については5月11日から徐々に再開する予定となっています。

Stores 店舗情報

From March 14th, and that until further notice, in the whole France non-essential public places are closed. Only Supermarkets and delivery restaurants are still open. As previously explained, even when you’re doing the shopping you must respect the Social Distance, and can’t be more than one by cart.


(外部リンク:https://www.dailymail.co.uk/news/article-8156333/Supermarkets-enforce-6ft-social-distancing-measures.html

3月14日から、さらなる通知があるまで、フランス全土では、重要度が低い公共施設は閉鎖されています。スーパーマーケットと宅配レストランだけが営業しています。前述したように、買い物をするときも、社会的な距離を尊重しなければならず、カートは1人につき1台です。

Conclusion まとめ

Till’ now the Government has done well, but, in France, the situation is very complicated.
Currently, we’re all waiting for May 11th (the end of the containment) to see what will happen.

Also, people are getting angry because the government contradicts himself. I’m phoning my mom and my friends every day since I’m in Japan, and I’m reading French news on my phone and the internet. Now French people are feed up. The government is not spared criticism over its management of the coronavirus crisis. It has taken too much time to do react, not enough strict measures, one day masks are useless, another day recommended, then another day finally not so much… The problem now is that we don’t understand Government intentions, measures…. For example, Restaurants and public places remain closed until July, however, the class will reopen gradually from May. I just called a friend of mine this morning (04/27) and he told me that the situation was bad there, “more than 20 people dying every day, many contaminated people… We don’t know when things are going to improve…”

Nevertheless, thanks to the Containment number of patients is decreasing (but still high).

That’s a very subtle situation, we must wait and see what is going to happen on May 11th.

これまで、政府はよくやってきましたが、実際フランスでは非常に複雑な状況になっています。現在は、5月11日(都市封鎖の終了)を待っているところです。

また、政府が矛盾していることに怒っている人もいます。

私は日本にいるので、毎日、母や友達に電話をしたり、ネットでフランスのニュースを読んだりしていますが、今のフランス人はこの状況に辟易しているようです。

政府はコロナウイルスの危機管理について批判を免れないでしょう。対応に時間がかかりすぎて、十分と言えるほど厳しい対応ができていません。マスクが役に立たないと言ったり、推奨すると言ったり、最終的にそれほど役に立たないと言ってみたり…今の問題は、国民が政府の意図や対策をよく理解していないことにあります。例えば、飲食店や公共施設は7月まで休みですが、その一方で授業は5月から徐々に再開されます。今朝(04/27)、友人に電話をしたところ、「一日に20人以上の人が死んでいる、感染者がたくさんいる、いつ状況が改善されるかわからない…」と不安を漏らしていました。

とはいえ、都市封鎖のおかげで患者数は徐々に減ってはきています。(それでも多いのですが)。
とても微妙な状況なので、5月11日にどうなるのか様子を見ているところです。