2019年の観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業において湯の丸高原エリアの英語解説文制作を担当させていただきました。

英語解説文が設置されていないというお話から整備を行うことになり、協議会やネイチャーマイスター(自然解説員)の方のご協力を得て、制作を進めました。

当地域は、上信越高原国立公園内に位置しており、天然記念物に指定されているレンゲツツジの大群落や、特有の気候がもたらす高山性の動植物が生息するなど、豊富な観光資源が存在しています。また、国立公園ならではのトレッキング・登山・スキーコースなども整備されており、様々なアクティビティーを体験できる地として、湯の丸高原一帯の魅力をつたえるべく訪日外国人観光客にとってわかりやすい、満足向上につながる解説文制作をおこないました。

地域協議会:湯の丸高峰レクリエーションの森環境整備運営協議会
整備媒体:看板、Webサイト、デジタルサイネージ

◆湯の丸高原ビジターセンター
池の平湿原
◆湯の丸高原(湯ノ丸山・烏帽子岳、レンゲツツジ群落など)

 

湯の丸高峰レクリエーションの森環境整備運営協議会様のインタビューはこちら

プロジェクト情報
公開日: 2021/05/07
クライアント: 湯の丸高峰レクリエーションの森環境整備運営協議会
Languages: 英語(ライティング)
タグ: 全実績, 翻訳(多言語), 観光・文化財ライティング