2019年の観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業において弊社が伊賀上野エリアの英語解説文制作を担当させていただきました。

このエリアの整備においては、特に上野天神祭りに関しては、エリア固有の歴史ある行事ということもあり、固有名詞や日本独自の専門用語もあり、いかに訪日外国人にわかりやすく伝えるかという点に注力しました。また、現地で頂いただんじり祭りに関する日本語の解説資料を元に、地域の方が納得する解説文制作を目指し制作を進めました。

◆上野天神祭り
国指定重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている、上野天神宮の秋祭りです。上野天神祭りの歴史的背景から各だんじりの特徴、役行者、鬼行列などを取り上げて、上野文化美術保存会のご協力を得て、英語解説文を整備しました。

◆伊賀酒
大田酒造、若戎酒造、そして「夏子の酒」のモデルと言われる森喜酒造を取り上げ、伊賀酒の基本情報、各酒蔵の特徴をわかりやすく整備しました。

◆忍者
忍者に対する正しい知識を提供していきたいというお話から、伊賀流忍者博物館、伊賀忍者実演ショーなどを通して、忍者の本質的な役割をわかってもらうような解説文を目指し整備しました。

◆松尾芭蕉
芭蕉翁記念館蓑虫庵、俳聖殿など松尾芭蕉にゆかりのある施設には英語解説文が設置されていないというお話から、整備を行うことになりました。俳句の解釈の仕方など学芸員の方のご協力を得て、制作を進めました。

プロジェクト情報
公開日: 2020/12/15
クライアント: 一般社団法人伊賀上野観光協会
Languages: 英語(ライティング)
タグ: English, 英語, 観光・文化財ライティング