メインコンテンツにスキップ

タグ ‘Webデザイン’

制作実績のご紹介
小田急電鉄様

エクスポート・ジャパンではこの度、小田急電鉄様のグローバルサイトのリニューアルと、新宿駅周辺の観光情報ポータルサイト「Shinjuku Guide」のウェブサイト制作を担当させていただきました。

小田急電鉄様 グローバルサイト

https://www.odakyu.jp/english/

沿線観光地や小田急電鉄様の商品・サービスに関する情報発信機能の強化を目的に、全面リニューアルを行いました。スマートフ…

世界の駅構内図、案内図比較

สวัสดี ครับ 
WEBディレクターの黒崎です。

駅や空港で迷ったときにお世話になる案内図。
日本のものは見慣れていますが、海外はどんな感じでしょうか?
ということで、気になったので調べてみました。


中国


北京 地下鉄

日本と似ているデザインです。
ただ、こちらはホームには影を付けて、下の階であることを強調しています。


http://www.shengyidi.com/peixun/ditie-1-20/

フォントが統一されていない外国語サイト

日本の外国語サイトをチェックしている時に、フォント統一の問題によく遭遇します。特に特集情報ページがあるサイトでは起こりやすい問題だと思います。例えば、以下のように(某大手ホテルの英語版サイト)同じサイトの中で、ページごとに異なるフォントが使われているケースです:

  • ページ1 font-familyリストの中はArialのみです。
  • ページ2  font-familyリストの中はVerdanaが最優先です。San

Coffee Codes of the World

普段の仕事で意識することの多い各国ドメインの国別コードですが、コーヒー好きのアメリカ人が、趣味でこんなものを作りました。
コーヒー豆の生産国を国別ドメインで表したものですが、実はベトナムって意外とたくさんコーヒーを栽培しているんですね。(ひょっとしたら、日本の南でも、これからコーヒーの生産が一部始まるかも知れません。)

グラフィックで国を表す場合、最もポピュラーなのは国旗を使うことですが、国別のドメイ…

グリーンはクリーンな色とは限らない

近年環境への取り組みや配慮を謳っている企業が多くなってきました。

ただ、具体的な施策が書かれておらず、環境を大切に思っていますという数行だけで草原と子どもの写真でごまかしているようなページならないほうがましですよね。

環境配慮をしているように装いごまかすことをGreen washingといいます。

ある有名な企業が、ヨーロッパでロゴの色を黄色と赤から黄色と緑に変えたことなどはその一例だと批判されたりもし…

PhotoShopのブラシ

webデザインをする上で使用するソフトと言えばPhotoShop(以降PS)やFireWorksになると思います。
私はPhotoShop派なのでFireWorksはあまり使えませんorz

PSに始めから入っているブラシで色を塗った場合


のようになるのですが、PSのブラシツールを弄ることで、

のように水彩に近い効果を出すことも出来ます。

PS既存のブラシを弄って作成もできますが、
Dave Nagelさんとい…