メインコンテンツにスキップ

タグ“多言語サイト制作”

ライターの目線:コロナ時代、訪日メディア記事書く時に考えたこと[第二弾]

こんにちは、japan-guide.com繁体字版編集担当の陳です。

ライターマイクによる前回の記事(ライターの目線:コロナ時代、訪日メディア記事を書く時に考えたこと)に続き、私も取材者・ライターの立場から執筆に取り組んだ記事を紹介したいと思います。

記事を書く前提として、まず下記の点が媒体ユーザーの特徴となります。

  • ユーザーは台湾7割、香港3割
  • 20代後半~40代の女性が多い
  • 訪日経験があるリピーターがメ

「文化的差異」という言葉を聞いたことがありますか?~グローバル化時代に必要不可欠な視点~

21世紀に入ってからグローバル化が加速し、「グローバル人材」などという言葉が巷でよく聞かれるようになりました。
しかし、「グローバル人材」とは、一体どのような人々のことを指しているのでしょうか?英語ができて、いろいろな国に行ったことがあれば、その人はグローバル人材であると言い切れるのでしょうか?

今回の記事のテーマである「文化的差異」という視点は、この「グローバル人材」なる言葉の定義について考える際に…

エクスポートジャパンのエディターズコーナー落し穴に陥らない:翻訳ミスを避けるための4ステップ [第三弾]

こんにちは、ライティング・コンサルティング部のBrendanです。

このシリーズは題名の通り、翻訳の間違いを避けて良い訳文を仕上げるための4ステップを紹介します。第一弾第二弾では3つ目のステップまで詳しく説明しました。今回は4つ目のステップを説明します。そしてこのステップを抜かせばどんな結果になるか、実際の悪事例を取り上げながら説明します。

ステップ①②③のおさらい

まずは、4つのステップをもう一度見…

ライターの目線:コロナ時代、訪日メディア記事を書く時に考えたこと

こんにちは。ジャパンガイド繁体字版編集担当のマイクです。

新型コロナウイルスの影響で、国内外の観光業界は困難な時期を迎えています。海外の方がいつ日本に旅行できるか分からない「ウィズコロナ」時代、訪日メディアで日本の観光情報など発信する時に考えたことを、ライターの目線からご紹介します。

環境・媒体の状況と記事プランニング

全世界が鎖国状態になっているため、海外の観光客からの日本の観光情報ニーズや関連検索は…

エディターズコーナー落し穴に陥らない:翻訳ミスを避けるための4ステップ [第二弾]

こんにちは、ライティング・コンサルティング部のBrendanです。

前回は、いい翻訳をするにはどのようなプロセスを踏めばいいか?というテーマを取り上げました。翻訳をする時には、4つのステップを踏むことで、ミスを最小限に抑えられ、いい結果が出せるということでした。その「4ステップ」は下記の通りです。

  1. 原文の理解を確かめる
  2. 文面の理解を確かめる
  3. 対象文の適切さを確かめる
  4. 表現の適切さを確かめる

前回は①と②をそれ…

エディターズコーナー落し穴に陥らない:翻訳ミスを避けるための4ステップ

こんにちは、ライティング・コンサルティング部のBrendanです。

2021年がスタートしたと思ったら、あっという間に1月も後半です。

みなさんは2021年の目標を決めましたか?私の同僚からは、「今年こそ英語を勉強してちゃんとしゃべれるようになる!」という決意の声を聞きますが、私は英訳家としてのスキルをブラッシュアップしようと思っています。

さて話は変わりますが、「いい翻訳」をするには、どんなプロセスが…

制作実績のご紹介
小田急電鉄様

エクスポート・ジャパンではこの度、小田急電鉄様のグローバルサイトのリニューアルと、新宿駅周辺の観光情報ポータルサイト「Shinjuku Guide」のウェブサイト制作を担当させていただきました。

小田急電鉄様 グローバルサイト

https://www.odakyu.jp/english/

沿線観光地や小田急電鉄様の商品・サービスに関する情報発信機能の強化を目的に、全面リニューアルを行いました。スマートフ…

翻訳、ローカライゼーション、インターナショナリゼーション。どう違う?

 

¡Hola a todos!

ローカライゼーションチームのアリシアです。

ご存知のとおり、弊社では多言語ウェブサイトを作っています。多言語サイトを作るときに、もちろんコンテンツの翻訳が必要ですが、ローカライゼーション(ローカリゼーションという書き方もある)とインターナショナリゼーション(国際化)というプロセスも大事です。

「翻訳」はどいうものか皆さん知ってると思いますが、ローカライゼーション…

シリーズ第二弾!「100円均一ショップ」Webサイト 多言語対応を調べてみた

シリーズ第二弾!身近なものを扱う企業の“多言語対応サイトの検索、今回は「100円均一ショップ」について調べてみました。

今や100円ショップは、誰もが一度は行ったことがあるお店ではないでしょうか?
もはや私たちの生活の一部であり、生活を豊かに!頼もしく!支えてくれる存在です。

又、最近ではもう1ランクアップの300円、1000円といった均一ショップも多数展開していて、“プチプラ”人気の勢いはすごいですね…

Webディレクター募集

\WEBディレクターを募集しています!/

「ビジネスを通じて多文化共生社会に貢献する」ことを経営理念におきながら、オープンフラットな社風が特徴です。

弊社はさまざまなバックグラウンドを持つスタッフで構成され、それを受け入れる環境整備をはかってきました。

例えば、育児と仕事を両立させたいワーキングマザーのために在宅勤務や時短勤務が可能になりました。

また、外国籍スタッフの活躍を通して、外国籍エンジニアインタ