タグ ‘国際ウェブビジネス’

韓国の検索エンジンの推移

ウェブサイト分析専門サイトwww.rankey.comで調べた結果によりますとNAVERの検索順位は不動の1位でしたが、DAUMとGoogleのページビュー増加が目立ちました。

今年の3月と去年の3月の訪問者数とページビューを比べるとDAUMは10%の訪問者数増加、54%のページビュー増加を見せました。Googleは訪問者数19%増加、ページビューは52%を見せました。これに比べNAVERは0.9%…

NAVERのEnjoy Japanのサービス終了(2009年6月8日まで)

韓国で日本ポータルサイトとして一番大き規模のNaverのEnjoy Japanが6月8日でサービス終了予定だそうです。

2002年6月27日スタート以来、日本に関する情報発信および自動翻訳機能を利用した日本人と韓国人が同時に同じ掲示板へ書き込みができる機能などで多く利用されてきましたが、最近訪問者数を減少が続き、サービス廃止に至ったようです。
2月20日にすでに半分以上のサービスが終了し、6月8日は翻…

実績紹介 – 自治体との海外向けB2Bサイトの取組み

最近、公式ページの方で実績を紹介する時間が取れなかったので、ブログ上で事例紹介シリーズをやってみたいと思います。

近年、地元企業の海外市場への販路開拓をサポートしようと取り組みを始める自治体の数は大きく増えているようです。その中で、ネットを利用しようという試みもありますが、あまり成功事例を耳にする事が少ないのは、

  • 第一に言葉の壁
  • 第二に海外のネット利用事情に関する知識の欠如
  • 第三に実施体制

の問題が挙げられ…

Yokoso!Japanシンポジウム in 関東

7月17日、東京 都道府県会館において、国土交通省 関東運輸局、関東地方整備局、国際観光圏関東推進協議会の主催で開催される「Yokoso!Japanシンポジウム in 関東」にて、弊社代表(ジャパンガイド株式会社取締役)の高岡が「インターネットを通じた訪日外国人の集客について」というテーマで講演させていただきました。

先日Yokoso Japan 大使に任命されました、ジャパンガイドの編集者、シャウ…

インターネットでの国際ビジネスマッチング(BtoB)について

ある人の講演資料の為に、たまたま情報提供する機会があったので、弊社が2000年から関わってきた国際BtoB、「インターネットを利用して取引相手を探す人々」の傾向について少し回想してみます。

  • 世界的な傾向として、2000年~2002年ぐらいまでは、インターネット経由の問い合わせは、いわゆるネット系の企業に限られていて、リアルなビジネス(主に製造業)を行っている企業の利用はあまり一般的ではなかった。
  • 20

新手の詐欺メール

国際ビジネスに携わった事のある人なら幾度となく受取っているナイジェリアからの詐欺メールの新手バージョンで、”Koichi Miyagawa”という日本人の名前を騙ったものが現れています。 大阪出身って書いてあるのも「こら、こらっ」て思うけど、内容は大よそ以下のようなものになっていますので、受取った人はくれぐれも返信する事なく、そのまま破棄して下さい。

・ 1998年にアブダビ…

Adwordsの効果

先日、Google Adwordsを使って、某自治体様の英語版WEBサイトの海外向けプロモーションのお仕事をさせていただきました。

そのサイトは、中小製造業の(特に海外への)販路開拓支援を目的としており、弊社でも運営のお手伝いをさせていただいております。

海外からの引き合いも順調で、世界的に有名な大企業から、従業員数2~3人の小さな会社に引き合いが来ることも珍しくありません。

先日お手伝いさせていただい…

Paypal vs Google Checkout:対応できる国一覧

人気のオンライン決済システムPaypalが対応できる国は現在190ヶ国です。一方で、最近注目を浴びているGoogle Checkoutは142ヶ国です。両方対応している国もあれば片方だけにしか対応していない国もあるということで、フラッシュプログラマーのAral Balkanさんがその一覧をまとめてくださいました。

Paypalには対応し、Google Checkoutには非対応

  1. Andorra
  2. Angu

UAE・サウジアラビア・クウェート・レバノンにおける2007年度B2C eコマース市場は48億7000万米ドル

ABQ Zawyaに掲載されたプレスリリースによると、UAE・サウジアラビア・クウェート・レバノンにおける2007年度のB2Cのeコマース業界は、ユーザーが4カ国で510万人以上、市場規模が48億7000万米ドルを突破した、とのことです。

また、4カ国のうち、特にUAEにおけるEコマース浸透率が高く25.1%で、次いでサウジが14.3%、クウェートが10.7%、レバノンが1.6%でしたが、レバノンは…