タグ ‘バリアフリー’

【プレスリリース】情報バリアフリーを実現した医薬品パッケージが登場

シオノギヘルスケア(株)から発売の商品にAccessible Codeを採用

概要

視覚障害者や外国人に読むことが難しい医薬品等の説明情報について、パッケージ表面のQRコードをスマートフォンで読取るだけで、その端末の設定に応じた言語で説明書を音声化して読み上げる仕組みが実用化されました。Accessible Code(アクセシブルコード)と名付けられたこの仕組みは、全盲の人でも読取り可能であることが多… 続きを読む →

VIPコードリーダー

VIPコードリーダーは、視覚に障害がある方々(Visually Impaired People)の利用に特化したQRコードリーダーです。

現在のスマートフォンには、障がいを持つ人が使用し易いように(iPhone、Androidそれぞれで)アクセシビリティを高める機能があり、その設定を行う事によってスマートフォンの画面上にあるテキストを音声で読み上げる事が可能です。(以下はiPhoneによるVoice… 続きを読む →

【プレスリリース】視覚障碍と外国語に同時対応した商品パッケージを開発

たったひとつのQRコードで情報バリアフリー化を実現

概要

視覚障碍者が通常読むことが困難な食品や医薬品などのパッケージや説明書に書かれた情報について、QRコードを包装物の表面に印刷するだけで、手持ちのスマートフォンから簡単にコードを読取り、その端末の設定に応じた言語で説明書を音声化して読み上げる仕組みを開発しました。現在のスマートフォンには、視覚障碍者でも利用可能なアクセシビリティ機能が搭載されていて… 続きを読む →

バリアフリー展2018に出展しました。

4月19日~21日に、インテックス大阪で開催されたバリアフリー展2018に出展してきました。

目的は、昨年5月から国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)からの助成金を使って開発をすすめている、「VIP Code Reader」をNEDOブースにてご紹介するためです。

バリアフリー展事務局によると、バリアフリー展会期中は88,260人が来場したとのことです。

広い会場には、介… 続きを読む →

(裏話)JICA東京にジャパンガイド監修ハラル&アレルギーカードを設置

弊社調べの各国アレルギー表示:

ローカライゼーションチームのデキです。先日公開されたJICA東京国際センターハラル&アレルギーカード設置のプレスリリースについて、作成チームの目線から裏話を書きたいと思います。よろしくお願いします。

ジャパンガイドの利用促進とJICA東京国際センターに滞在している研修員の満足度を高める目的で、JICA東京国際センターにデジタルサイネージ、パンフレットの設置を行いました。… 続きを読む →

台湾ハラル事情

台湾でのハラル認証レストラン104軒あります(2017年3月時点)。
台湾にはベジタリアンの為のレストランも多く、ムスリム旅行者はハラルレストランを見つけられなくとも、ベジタリアンレストランで食事をすることが可能です。

大手クレジットカード会社のマスターカードによると、2016年ムスリムの海外旅行先のうち台湾は10位。台湾政府観光局では、今年、3ランクアップの7位を目指しているとのこと。台湾でも、公共… 続きを読む →

多言語化ソリューション「QR Translator」が東京都革新的サービス大賞を受賞!

多言語化ソリューション「QR Translator」が東京都革新的サービス大賞を受賞!



東京都が主催する世界発信コンペティションで、昨日、株式会社PIJINのQR Translatorが大賞に選ばれ、小池百合子東京都知事より表彰を受けました。


小池都知事と代表の高岡


株式会社PIJINメンバーとともに


「世界発信コンペティション」とは


製品・技術、サービスの開発を促進するため、「製品・技術(ベンチャー技術)… 続きを読む →