メインコンテンツにスキップ

タグ ‘海外サイト’

欧州11カ国のバス予約が1サイトで完結 web&アプリ「Getbybus」

前回のクロアチア個人旅行雑記の中で少し触れたGetbybusというサービスについて。

予約方法については他の方のウェブサイトに詳しく記載をされているので、
サービス利用の感想と面白いと思った特徴を紹介します。

Getbybus getbybus.com

PCサイトトップページ

スマホアプリ(言語選択後トップ)

すごいor面白いポイント

・中/東欧を中心とした11ヶ国のバス予約をカバー
会社横断的に検索予約ができる…

グリーンはクリーンな色とは限らない

近年環境への取り組みや配慮を謳っている企業が多くなってきました。

ただ、具体的な施策が書かれておらず、環境を大切に思っていますという数行だけで草原と子どもの写真でごまかしているようなページならないほうがましですよね。

環境配慮をしているように装いごまかすことをGreen washingといいます。

ある有名な企業が、ヨーロッパでロゴの色を黄色と赤から黄色と緑に変えたことなどはその一例だと批判されたりもし…

中国人ジャーナリストから見た震災後の情報発信

本ポストは、姉妹サイトchina-webbyにポストしたものですが、改めてこちらにも。

東日本大震災後、日本を訪れる外国人観光客が激減し、状況を一刻も早く打開するため、日本政府・インバウンド業界は積極的に動いています。しかし震災後の海外向け情報は、海外にきちんと届けられているのでしょうか?

「日本全体が放射能に汚染されている」

上記は中国一般人の見方かもしれません。

ちょうど友人のジャーナリストが震災後の

ブルネイからのお客さん

先日、ブルネイ大使館のご紹介でpadian.comというB2Bサイトを運営されてる会社の方が来社されました。弊社のexport-japan.comのサービスに興味を持たれて何か協業できないかというお話でした。

ブルネイはイスラム教国であるためか、名刺交換の時はしっかり左手を避けるような渡し方をされてたのが印象的でした。

最後は弊社の東京オフィス内で記念撮影をしてブルネイに帰国されました。

あなたの町にくる訪日外国人はどんな人? 英国ブライトン

温暖で、風光明媚なリゾート地。
ビーチにはトップレス姿の女性も。

これが僕が持っていたガイドブックに載っていた、
イギリス南部の街 ブライトンの紹介でした。

20歳の時に語学留学で訪れた思い出の地ですが、
いざ現地で過ごし始めると、ガイドブックに書かれていた
ニース的な一面は本当に街の一要素をかいつまんだだけで
非常に多面的な魅力を持つ街だということに
すぐ気付かされました。

  • 確かに高級なブランド店や別荘がある
  • しかし