メインコンテンツにスキップ

タグ ‘マーケティング’

「Sake Future Summit 2020」オンライン開催のお知らせ

弊社が制作を手掛ける、日本酒と焼酎に関する情報を英語で世界配信する番組「Sake On Air(以下、SOA)*」は、日本酒造組合中央会の後援により「Sake Future Summit 2020」を日本時間11月21日(土)午前11:00から22日(日)午後5:50まで約30時間、YouTube Liveにて開催します。
*音声配信サービスポッドキャスト(Podcast)を利用した番組

本イベントは…

ポップカルチャーがテーマのポッドキャスト

「日本語はどんなふうに勉強して、話せるようになったのですか?」と聞かれることが多いですが、教科書から言語だけを学ぶのはやはり良くないと個人的に思っています。
もちろん、教科書に載っている文法や単語など、その言語の基本も非常に大事なのですが、やはりその言語の環境を自分で作るのも上達のためにはかなり効果的だと自分の経験から言えます。
例えば、おそらく最も多くの人が上達したいと思っている英語の場合、海外の文…

キンガ’sおすすめ:ホラーポッドキャストTOP10

こんにちは、グローバルチームのキンガです。

 

前回の投稿では、ポッドキャストの様々なジャンルやスタイルを紹介させていただきましたが、自分の趣味に合いそうな番組は見つかりましたでしょうか?

今回は私がよく聞いているポッドキャストを紹介したいと思います。

実は、私はホラー映画が大好きで、子供の頃(だいたい7歳くらいのとき)からよく一人で観ています。その中でも最も興味があるジャンルは幽霊系の話です。…

日本でポッドキャストが普及しない理由&ポッドキャストのジャンルについて

こんにちは、グローバルチームのキンガです。

ポッドキャストは、欧米において新たなオーディオメディアとして注目され、人気も急速に上昇しています。他方、日本ではなかなか同じような人気が出ない状況が続いています。
なぜ日本では人気がないのか、という質問に対してはっきりとした答えが見つかりません。
そこで、名探偵の気分になって、いくつかの説や可能性についてブレインストーミング形式で考えてみたいと思います。

&nb…

今更ですが…ポッドキャスト(Podcast)とは?

こんにちは、グローバルチームのキンガです。

海外では音声メディア「ポッドキャスト」の人気が急上昇していますが、日本では「ポッドキャスト」という単語自体にあまり馴染みがないようです。そこで、この記事ではポッドキャストというメディアとその状況について簡単にご紹介したいと思います。

Appleのウェブサイトでは、ポッドキャストは「Podcastはインターネット上で利用できる、エピソードで構成された番組です。

訪日中国人ダウンロード必須のアプリ10選(2019年)

ウェブの時代もモバイルファーストになりましたが、中国人も訪日の際、日本での行動が便利になるアプリ(APP)を予めダウンロードしておくというのも、定着した行動パターンです。

さて、どのようなものが使われているでしょうか?

1.Google Translate

言語ツール。文書も、音声も、写真もなんでも翻訳。Google翻訳サービスの機能性が異常に高い。ただし大きな欠点として、中国国内では使えない。

&nbs…

花観光・国花

花観光とは?

日本国内は段々と暖かくなってきました。
春の訪れとともに花が咲いて、japan-guide.comでも毎年恒例の桜シーズンレポートの後、
あしかがフラワーパークのレポートも投稿しています:

Wisteria blossoms in Ashikaga Flower Park(japan-guide.comあしかがフラワーパーク記事)

インバウンド分野では以下の疑問がよく浮かび上がります:

  • 「花を見

ターゲット富裕層って?

富裕層って、曖昧だね

インバウンド業界では、ターゲットは”富裕層”というワードをよく聞きます。最近はインバウンド業界に限ったことではないと思いますが。

そこで、改めて富裕層という言葉について、私の主観で考えてみました。

富裕層の定義は、曖昧で非常に難しいというのが最終的な私の結論なのですが、年収で捉えるというより純資産で考えるほうがしっくりくるなっというのが私の意見です。

富裕層は年収ベースでなく、純資産

サービス業のグローバル化-アジアの消費市場-

こんにちは。第二回目の投稿です。


さて、今回はジェトロや経済産業省のデータを元にサービス業のグローバル化についての動向をまとめてみました。

図1に上場企業の海外売上高比率の図を示しましたが、これまで日本の非製造業の海外売上高比率は海運業を除き非常に低いことが分かります。

図1


一方、図2に示したように経済産業省のデータを見てみると、2003年以降非製造業の海外現地法人の売上高が大きく伸びていることが分かり…