メインコンテンツにスキップ

タグ“コーディング”

動的ページSEO:Googleサイトマップ

動的ページを使う場合は、Googleサイトマップの利用をお勧めします。
Googleアカウントお持ちの方は、URL リストを含む簡単な形式のXML ファイルを作成することで、ウェブ サイト内のクロールさせたい URL を検索エンジンに知らせることができます。 必ず登録される保障はないですが、やっておいたほうがクロール精度を上げることができます。

Googleウェブマスター ツールを使うと、google…

動的ページSEO:URL擬似静的化

Apacheのmod_rewriteモジュールを利用して動的ページのURLを静的ページに装うことができます。

Apacheの設定ファイルhttpd.confを編集し、下記行の#を取ります。

LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

httpd.confの最後の行に下記を追加


RewriteEngine On
RewriteRule ^/([0-9]+)

CSS属性の書く順番

Mozillaのガイドラインからのお勧め順番です。

//表示関連
display
list-style
position
float
clear

//ボックスモデル関連
width
height
margin
padding
border
background

//フォント関連
color
font
text-decoration
text-align
vertical-align
white-space
other text
conten…

動的ページのSEO:PHPファイルの静的化

前回の記事

動的ページのSEOは主に2つの処理方法があります。

1.静的化(本当の静的ページを生成する)
2.擬似静的化(URLを静的ページのように見せかける)

まずは静的化(PHP)を見てみよう、
方法論ですが、テンプレートを利用することで、静的ページに変換することができます。

HTMLテンプレートソース(temp.html)



{ title }


this is a { file } file's temple

IEで、画像の下に隙間ができたり、逆に隙間がバラバラだったり

IEの独特の問題だと思いますが、リストなどで画像を縦に並べると、ぴったりとくっつかずに、1PXの隙間ができたりします。
これは、テキストと同じように、imgもインライン要素として、IEが解釈しているからだそうで、
表示される基準線としてbaselineという値が設定されてしまうようです。
この値が、1PXの隙間を作ってしまうので、これを下記のCSSで矯正します。
img{vertical-align:bo…

左右フロートの左右マージンが指定値より大きくなる

問題:フロートさせたボックスに左右マージンを指定すると、指定値の2倍程度のマージンが設置され、レイアウトが思うようにならないという、IEのバグがあります。

回避方法:フロートにdisplay:inlineをつければ何故かバグが回避できる

上記の回避方法を使ってみたところ、無事にレイアウトされました。

CSSで斜線

簡単にできるらしいです。ちょっと古い記事みたいですが、知らなかったので一応載せてみました!

IE6 vs FireFox Float編

CSSでレイアウトをする上で、よく悩まされるのが、IEとFireFoxの表示の違いです。

ということで、今回はBox内でオブジェクトをFloatさせた場合に、IE6等だとBoxからオブジェクトがはみ出してしまったり、高さがおかしくなったり、という現象の回避方法について覚書をしておきます。
大体は、Floatをclearさせれば、問題が解決したりします。

■ Box内で、高さの違う二つのオブジェクトを左右…