メインコンテンツにスキップ

タグ ‘アクセス解析’

ジャパンガイドのTokyoのアクセスデータをスポット別に分析

日本における最大都市である東京は、外国人観光客から不動の人気を誇るスポットです。
来るコロナ収束後、国境を越えた観光が再開された際には真っ先に賑わいを取り戻すエリアの一つであると考えられます。それと同時に近年、東京をはじめとした主要観光スポットの「オーバーツーリズム」が問題視されているのも事実です。
このような観光が直面する問題に対し、メディアプロモーションが担える役割は何なのか。また効果的なプロモー…

コロナ禍によって訪日情報メディアの人気コンテンツにも変化? ~japan-guide.comページ別アクセス数ランキング比較2019年vs2020年~

コロナウィルスの影響が出始めてから1年が経過しようとしています。
今回は欧米豪を中心とする英語圏から多くのアクセスを集めているjapan-guide.com内でのアクセス順位に、コロナ”前”、コロナ”後”でどのような変化が生じているのかみていきたいと思います。

図表1は2020年のページ別アクセス数ランキングTop50をまとめたものです。
2019年のアクセス数と比較し、その順位の変動を「順位変動」とし…

japan-guide.comのアクセス統計に見る「JR EAST Welcome Rail Pass 2020」のインパクト

現在、新型コロナウイルスの影響により訪日観光客が激減する中、国内旅行を促すさまざまなプロモーションが実施されています。
その一つである在留外国人向けフリーきっぷ「JR EAST Welcome Rail Pass 2020」がJR東日本より10月から販売が開始されました。サービスの内容は、主に東日本対象エリア内の移動が連続する3日間乗り放題になるというもので、新幹線・特急列車の利用も可能です。
(※参…

ジャパンガイドで見る 訪日中国人個人旅行者の都市別アクセス傾向

「爆買い」に象徴されるショッピングの分野で何かと注目を集めることが多い中国からの訪日観光客ですが、昨今では「”モノ”消費から”コト”消費へ」と様々なメディアで話題にされているように、買い物以外の観光に関心が移りつつあります。また、ビザ緩和等の影響で、上海などの一部の都市ではすでに個人ビザの発行数が団体ビザのそれを上回ったというデータも出ています。

今回は訪日外国人向け日本観光情報ポータルサイトである…

2017年ジャパンガイド 桜レポート


Fallen petals in the outer moat in Hirosaki.

日本中が最も華やぐ桜の季節から早くも二ヶ月が過ぎ、すっかり紫陽花の季節になりました。
皆さんは今年、心に残る桜ご覧になられましたでしょうか?私のもっとも印象に残る桜はなんといっても「千鳥ヶ淵」の夜桜です。千鳥ヶ淵は皇居西側に位置するお堀ですがそのお堀沿いには約260本もの桜がさき毎年多くの花見客でにぎわいます。特…

ジャパンガイドで見るインドからの訪日観光の特徴

ジャパンガイドは主に欧米圏(英語圏)からのアクセスが多くを占めている訪日観光客向けメディアですが、同じ英語圏という枠組みで忘れてはならない国のひとつが人口13億人の大国「インド」。ヒンディ語と英語はともにインドの公用語に指定されており、大学を卒業するレベルの人であれば、ネイティブ並みに英語が話せます。そこで今回は、ジャパンガイドのデータをもとにして、インドからのアクセスに、どのような特徴があるかを…

【プレスリリース】ジャパンガイド発 2016年度 都道府県ランキング

ジャパンガイドにおける、2016年度の各都道府県ページのアクセス数(訪問者数)を前年度と比較し傾向を振り返りました。
※以下、対前年度比はページ訪問者数(UU数)をもとに算出。

【各都道府県ページ 訪問者数伸び率トップ10】
トップ10にランクインした都道府県は[表1]のとおり。都市よりも地方ページへのアクセス数増加が顕著にみられ、上位10都道府県のうち、四国エリアが3県、関西エリアが2県、中部北陸3県…

ジャパンガイド・データで見る「しまなみ海道」海外での反応

プロモーションの効果を「しまなみ海道」ページへのアクセス推移から可視化

広島県尾道市と愛媛県今治市を 59.4 キロに渡って結ぶ西瀬戸自動車道、通称「しまなみ海道」。瀬戸内海の島々の美しい風景が見渡せるサイクリングコースは、国内旅行者のみならず、訪日観光客からも人気を集めています。その背景には、愛媛県や広島県の自治体による地道なプロモーション活動がありました。ジャパンガイドでも、2009 年以来、

日本旅行中の外国人は旅行中もモバイル端末を利用

スマートフォンやタブレットの普及は旅行者の旅行中の行動パターンを変えると言われていますが、実際既にその徴候はジャパンガイドでも見え始めています。

2014年4月のジャパンガイドへの日本からのアクセスの内、スマートフォンからのアクセス数がPCを初めて抜きました。それ以降、日本からのデバイス別アクセスデータにおけるスマートフォンからのアクセス割合は、他の端末をどんどん引き離し、現在では60%を占めている…

圧倒的なドラえもん人気-インドネシア

人気美術館の事前チケット購入は外国人旅行者に人気が高いメニューの一つでもありますが、
川崎市の藤子F不二雄ミュージアムもよくチケットを購入されている施設の一つです。

ジャパンガイド内でも藤子F不二雄ミュージアムページが存在し、月間で2,600程のページビューが発生します。(ジブリ美術館ページは月間6,500)

一見少なく感じるかもしれませんが、アニメのファンは熱烈な方も多いので、訪問の確度は一般的な観光…