ライティング事業

今求められるライティング

観光地における看板・パンフレットなどの解説文や、海外向けWebサイトに求められるコンテンツは、単に日本語原稿を翻訳しただけの文章から、ターゲットに合わせた魅力あるライティングテキストへと変化しています。

より満足度の高い体験を求める訪日外客のニーズに応えるため、観光庁や文化庁が主体となって、観光地の看板や、文化財の解説文などを、文化への造詣の深いネイティブの執筆によって改善整備する施策が推進されています。この国の方針からもわかるように、今後ますます訪日外客に対する多言語整備が推奨され、読み手側の目線に踏み込んだ高品質な解説文が求められています。

多言語表示・コミュニケーションに関して困った場面、多言語表示・コミュニケーションに関して困った理由

※出典:H29年度 観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」

この流れの中、エクスポート・ジャパンは2018年以降観光庁の多言語整備事業に参画し、日本各地にある世界遺産、文化財、城、国立公園、博物館、観光スポットなどの英語ライティングを手掛けてきました。

観光庁の事業説明

弊社は、観光庁の地域観光資源の多言語解説整備支援事業において、地域の魅力を訪日外国人観光客に伝えるため『外国人にとって分かりやすく、魅力が伝わる解説文制作』を手掛けてきました。既存の日本語の看板やWebサイトを単に英語翻訳するのではなく、英語ネイティブのライターが現地を訪れ取材を行い、ネイティブ目線でストーリーを作成することを目的としています。

お城の前での取材の様子 博物館内での取材の様子


日本人向けに作られた解説文は、日本人の基本知識を前提にしているため、経験知・暗黙知を持たない外国人が理解できない情報も多く、理解に必要な情報を追加し、また不要な情報を省くなどし、外国人に地域の魅力が伝わる解説文を目指します。

地域観光資源の多言語解説整備支援事業の英語ライティング担当エリア

2018年(7地域)

地域協議会整備対象
萩・外国の方に分かりやすい解説文整備推進協議会明治日本の産業革命遺産&萩焼
ビジットGIFU協議会岐阜城
上武絹の道事業企画会議 世界遺産 富岡製糸場と絹産業遺産群
蔵王温泉協会蔵王温泉&スキー場
宗教法人瑞巌寺(多言語解説協議会)瑞巌寺
一般社団法人 豊の国千年ロマン観光圏国東半島関連(大分県)
日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会銀の馬車道(兵庫県)

2019年(23地域)

地域協議会整備対象
姫路市 姫路城
日光市多言語解説整備支援事業検討協議会日光社寺
藤岡市文化財保護課高山社跡(世界遺産 富岡製糸場と絹産業遺産群)
長崎市グラバー園(明治・日本の産業革命遺産)
百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議世界遺産 百舌鳥・古市古墳群
ビジットGIFU協議会鵜飼
指定管理者 ㈱大阪城パークマネジメント大阪城
伏見観光プロジェクトチーム伏見酒&和食
那須塩原市(塩原温泉ビジターセンター)日光国立公園
小笠原村(小笠原エコツーリズム協議会)小笠原国立公園
十日町市(十日町市食と農の景勝地推進委員会)上信越高原国立公園
山ノ内町(志賀高原地域観光資源の多言語解説整備協議会)上信越高原国立公園
東御市(湯の丸高峰レクリエーションの森環境整備運営協議会)上信越高原国立公園
湯沢町(三俣地域多言語解説協議会(予定))上信越高原国立公園
妙高市(妙高市国立公園多言語推進協議会)妙高戸隠連山国立公園
大山隠岐国立公園大山隠岐国立公園
(一社)島原半島観光連盟雲仙天草国立公園
一般社団法人伊賀上野観光協会上野天神祭(だんじり祭り)・伊賀酒・忍者
あきた白神観光連絡調整協議会白神山地
一般社団法人近江ツーリズムボード彦根城
真言宗総本山東寺東寺
一般社団法人 秩父地域おもてなし観光公社秩父酒・秩父三十四所観音霊場
禅林寺禅林寺(永観堂)

合計:30地域
国立公園:5
文化遺産:18

※「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」については観光庁のホームページをご覧ください。

翻訳とライティングの違い

 

翻訳とは

一般的に原稿となる言語から、異なる言語に忠実に訳することを意味します。
翻訳をする際には、翻訳者側で必要な情報を加えたり、削ったりすることを原則的には行いません。また、すでに原稿がある事を前提に作業を行います。

ライティングとは

原稿を作成する上で、必要な資料を集め、精査し、事実確認を行った上で、ゼロから文章を書きあげることを意味します。翻訳との大きな違いは、元になる原稿がない、もしくは原稿を参考資料として扱うことです。

たとえば、「浅草寺(文化財)」の英語ライティングを例に挙げます(サンプル・ライティング、150ワード程度)。
日本語の説明原稿を翻訳するか、ゼロから外国語をライティングするか、成果物は以下のように大きく異なります。

項目内容
日本語ベース浅草寺
浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草2丁目にある東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観世音菩薩。元は天台宗に属していたが、昭和25年(1950年)に独立し、聖観音宗の本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収まっている。※引用元:Wikipedia under the Creative Commons Attribution-Share Alike 4.0 International License
Google翻訳Sensouji
Sensouji is the oldest temple in Tokyo located at 2, Asakusa, Taito-ku, Tokyo. The mountain number is Kinryuzan. The main deity is Seikanzeon Bodhisattva. Formerly belonging to the Tendai sect, it became independent in 1950 (1950) and became the main temple of the Seikannon sect. It is commonly known as “Asakusa Kannon” or “Asakusa no Kannon-sama” due to the fact that the Kannon Bodhisattva is the principal image of it. It is the only temple in Bando, the 33rd Kannon Sacred Site in Tokyo. It is also the temple (No. 1) of the 33 Kannon Sacred Grounds in Edo. Since it is one of the most popular tourist destinations in Japan, many visitors come every year during New Year’s holidays, and the number of visitors is always within the top 10.
一般的な翻訳の事例Sensōji
Sensōji, located at 2-chōme, Taito City, Tokyo Prefecture, is the oldest temple in Tokyo Prefecture. Its honorific mountain name is Kinryūzan. The principle object of worship is Shōkanzeion Bosatsu. Originally it was part of the Tendai sect, but in Shōwa 25 (1950) it became independent and became the head temple of the Seikannon sect. Because Kannon Bosatsu is the principle object of worship, it has been named “Asakusa Kannon” or “Asakusa no Kannon-sama,” and is beloved far and wide. Within the city, it is the only place on the Bandō Sanjūsankasho (Number 13). It is also a stop on the Edo Sanjūsankasho (Number 1). Because it is one of the foremost tourist locations in the whole country, many worshipers come every New Year for their first visit to a temple of the year, and it is in the top 10 of all temples in Japan in terms of number of regular visitors.
弊社のライティングSensōji
Sensōji is the oldest temple in Tokyo. According to legend, in 628 CE two fishermen found a statue of the bodhisattva Kannon while fishing on the Sumida River. The statue kept reappearing in their fishing nets no matter how many times they threw back. Eventually the fishermen gave in and enshrined the statue on the riverbank. Over time the basic shrine was built into a large temple, but the temple grew to prominence after the capital was moved from Kyoto to Edo (now Tokyo) in 1603. Tokugawa Ieyasu (1543–1616), first of the Tokugawa shoguns, established Sensōji as an official temple of the Tokugawa shogunate (1603–1867). Ever since, pilgrims have flocked to Asakusa from all over Japan. On March 10, 1945 the temple and surrounding area were destroyed in the first major fire bombing by the United States Army Air Forces. Sensōji was rebuilt in 1958, and it continues to be popular with both pilgrims and tourists.

【和訳】浅草寺
浅草寺は東京で最も古い寺である。伝説によると、628年に二人の漁師が隅田川での漁の最中に一体の観音菩薩像を発見した。この像はこの漁師たちが何度(川に)投げ返しても彼らの網にかかってきたという。結局この漁師たちは諦めて川岸に像を祀ることにした。時を経てこの像が祀られた堂は大きな寺へとその姿を変えていったが、1603年に日本の首都(機能) が京都から江戸(現在の東京)に移されたのち、この寺はとてもよく知られる存在になっていった。徳川家の1代目将軍である徳川家康(1543-1616)は、浅草寺を徳川幕府(1603-1867)の公式な祈願所に定めた。それ以来、巡礼者たちが日本中から浅草に集まるようになった。1945年3月10日、浅草寺とその周辺のエリアはアメリカ空軍の初めての大規模空襲(東京大空襲)によって破壊された。1958年に浅草寺は再建され、巡礼者と旅行者両方の間で人気を集め続けている。

重要なのはネイティブ目線

日本国内向けのPR・広告を扱う企業、海外向け(アメリカ・中国などで)マーケティングを専門とする企業など、数多くの企業が存在する事からも分かるように、マーケティングは少なくとも国別で行う必要があります。例えば英語圏というくくりではなく、本来イギリスとアメリカの違いを意識しなければならないということです。そのため英語ライティングにもおいても、ターゲットのマーケットごとにライティングを行うことが最も重要です。

前述の通り、訪日客と日本人との基礎知識は違いがあります。日本人にとって馴染みのある固有名詞、例えば、「織田信長」「男はつらいよ」「ポケットモンスター」など日本人にとって馴染みのある言葉でさえ、分からないことがあるということです。こうした文化的背景の違いを埋める情報のない解説文は、ただ外国語であるというだけで、訪日観光客にとって不親切で混乱を与える文章になってしまいます。ライティングにおいては、それぞれのターゲットを決め、同時に日本語&英語・中国語など、各言語ごとに一番ふさわしいコンテンツを作っていく事をお勧めします。翻訳においても、少なくとも翻訳用の日本語原稿を新たに準備することが望まれます。

エクスポート・ジャパンでは、英語ライティング・多言語ライティングを行うにあたり、ターゲットごとに最適なライティングのスタイルや、コンテンツ分量をコンサルティングさせていただきます。アサインする専門性の高い英語ネイティブライター、クライアント様と共に質の高いライティングコンテンツを作成します。

ライティング事業部 スタッフ紹介

フランク・ウォルター(ディレクター)

出身国:アメリカ
対応言語:英語、日本語

留学生として日本に来日して以来、日本酒、歴史など日本文化への興味は尽きない。

日本酒を海外へ広めるSake On Airのプロデューサーも務める傍ら、観光庁多言語整備事業、日本企業のサイト制作コンテンツなどのコンサルにも携わっている。

フランク・ウォルター(ディレクター)
ブレンダン・クレイン(エディター)

出身国:アメリカ (コロラド州)
対応言語:英語、日本語

学生時代からCreative Writingを専攻。言語に対する愛着が誰よりも強い。

ライティングを中心に、翻訳、エディティングへと活躍の幅を広げる。言葉の使い分けや語源を学ぶのが趣味で、2019年から様々なプロジェクトにおいてエディターを担当。

幼少期から日本武道を学び、大学院生時は道場において指導なども行った。日本文化、歴史、宗教などへの造詣も深い。

ブレンダン・クレイン(エディター)
イエンユイ・チェン(ライター)

出身国:台湾
対応言語:繁体字、日本語

大学にてビジュアルデザイン専攻。2016年に日本に移住。

大手旅行系メディアのブロガー&コラムニストとしてキャリアを積み、2018年よりジャパンガイド繁体字版を担当。

好きな分野は伝統工芸、建築。

イエンユイ・チェン(ライター)

多言語ライティング&SEO対策

Googleや各国の主要なサーチエンジンは、利用者の言語やエリアに応じて最適な結果を提示するように作成されています。そのため、Webサイトにおける外国語の文章が自然であること、ターゲットが利用する検索キーワードが含まれていることがSEO対策上でも、重要です。

多言語ライティング納品までの流れ

ライティング納品までの流れ
ライティング納品までの流れ

アウトプットの事例 

媒体先事例:Webサイト、看板、パンフレット、ポスター、QR Translator、他。
外国人ユーザーに向けたレイアウトやデザインなどの、ネイティブコンサルティングも実施しております。
アウトプットの事例