メインコンテンツにスキップ

WEBアクセシビリティへの対応

ユーザビリティの土台を堅牢に築く

エクスポート・ジャパンは、これまでのウェブサイト制作及び運用において、多言語サイトを取り扱う特性上、二重チェックや環境依存文字への対応、モバイル端末やタブレット端末に最適化した表示対応など、「多様な言語・環境に関わらず自然に情報を取得できるWEB」を構築してきました。

加えて、障害の有無や年齢等の条件に関係なく、誰もが同じようにウェブサイトの情報を快適に利用することができるウェブアクセシビリティ(JIS X 8341-3:2016、WCAG 2.0、ISO/IEC 40500:2012)についても、基本知識及び理解を有しており、対応に努めています。

お客様のWebサイトにおけるアクセシビリティ対応について

制作・運用するWebサイトごとに目的やターゲットの違いがあるため、Webアクセシビリティ対応は、お客様とのご相談の上、JIS X 8341-3:2016の必達レベル(A~AAA)の設定や、制作プロセスにおけるチェック体制などを設定いたします。

アクセシビリティへの配慮例

視覚障害者やマウス操作を行いにくい方への対応例画像。Webサイト上でTabボタンを操作し、Skip to main contentというボタンが表示されている。
マウス操作を行いにくい方への対応例

「Skip to main content」という本文への移動ボタンについて、通常時は非表示に設定しておき、Tabキーを押すと「Skip to main content」というボタンが表示され、選択すると、共通メニューを飛ばしてページ内のコンテンツ部分へ移動します。以降もTabキーを押すごとに、選択箇所が青枠で囲まれ、どこを選択している状態か、弱視の方を含む健常ユーザーにも分かりやすく表示します。

Webアクセシビリティの実現には、健常の有無に関わらず使いやすいサイトになるよう、細部にいたるまでこだわった設計をご提案いたします。

お見積りのご相談・各種お問い合せはこちら