翻訳

Webサイトの品質を左右する重要なポイント

海外向けの情報発信において、最も基本的な事でありながら日本国内で最も疎かにされている事のひとつが翻訳のクオリティかも知れません。国内の外国語サイトの中には、まだ日本語の文章を直訳しただけのものも多く見られます。翻訳だけを外部に丸投げして作ったサイトと文章の表現方法やユーザーインターフェースが最適にローカライズされたサイトでは、その企業が世界に対して与える「信用力」や「ブランド力」に大きな差が出ます。エクスポート・ジャパンでは利用目的に応じた最適な翻訳をご提案させて頂きます。

確実なチェック体制

どの言語においてもプロのネイティブ翻訳者が翻訳を行います。出来上がった翻訳は、社内のコーディネーターが品質やスタイルをチェックすることで翻訳品質を担保します。翻訳された内容については、更にサイトが完成した時点(テキストの流し込みが行われた後)で、ネイティブのスタッフによる最終チェックを行います。サイトの構成や機能を鑑みた上で表現を再確認し、不自然な箇所の修正を行います。

スタイルガイド

翻訳の出来上がりの美しさは、単にその文章だけでなく、改行位置や数字、各種記号の使われ方などの統一性によってその差が現れます。こういった統一基準は、英語では”Chicago Mannual of Style”などいくつか標準的な様式が存在しますが、他の言語ではあまり一般的ではありません。エクスポート・ジャパンでは、中国語においても独自の翻訳スタイルガイドを作成し、ウェブサイトにも公開しています。

ライティング

単なる翻訳ではなく、目的を達成する為の翻訳、業界用語では”Transcreation”と呼ばれる、翻訳+コピーライティングの業務についても承っています。(可能言語に制限あり)

お見積りのご相談・各種お問い合せはこちら