デザイン

細部まで外国人目線のWebデザインであること

デザインはビジュアルでWebサイトの第一印象を、使いやすさでその後の印象を決めるとても重要な要素です。

「外国人ユーザーに向けた」洗練されたデザイン

多言語Webサイトの制作においては、「外国人ユーザーが使いやすいインターフェースである事」を念頭に、細部まで考えられたWebデザインを制作する事が重要です。

例えば、最近多用されているトレンドの一つであるアイコン(ピクトグラム)。
なんとなくデザイナーから提案されたものをそのまま使用する事が多いと思います。
しかしそのアイコンはターゲット国ではどのように認識されるか意識せずに作られていませんか?

アイコンの意味が伝わらなければ、ユーザーに意図が伝わらず、Webサイトの印象に大きく影響してしまいます。
エクスポート・ジャパンでは、アイコンひとつひとつも、その言語のネイティブに意味が伝わるかどうかを確認して利用しています。

Shinjuku Guide

「伝わる」フォント選び

アイコンだけではなく、デザイン面で大きなウェイトを占めるフォント。
日本企業の外国語のWebサイトでは、日本語特有のフォントをそのまま使用されている事もありますが、それは何故いけないのでしょうか?
日本国内での表示には問題ありませんが、英語圏や中国語圏、タイ語圏など各国のPCに日本語のフォントがインストールされているとは限りません。
実際にターゲット国のPCやモバイル端末で見た時には、フォントの有無で想定とは全然違う見た目になってしまう事があります。
せっかく綺麗に作成したデザインも見せたい相手に伝わっていなければ意味がありません。

フォント、アイコンだけではありません。画像や色から受け取る情報が日本人と同じとは限りません。
重要なキービジュアルに使用する写真や色、レイアウトなどもネイティブに確認しながらデザインを制作します。

各国の事情に配慮したフォントや色の選択、写真等々、デザインの細部にいたるまで外国人目線のWebデザインであることが非常に重要なのです。

京阪電車 簡体字Webサイト

多言語Web制作のノウハウとして蓄積

エクスポート・ジャパンでは、各国のフォントへの対応やコーディングの注意点などをリストアップして標準化し、常にアップデートしています。それらを活用する事で、外国人ユーザーから見て違和感のない、洗練されたデザインをご提案しています。

お見積りのご相談・各種お問い合せはこちら