メインコンテンツにスキップ

翻訳管理ツールを活用した翻訳プロセスの最適化

高品質な翻訳・ローカライゼーションをご提供

海外市場への進出の際、新しい市場に適応させるローカライゼーションは必要不可欠な要素です。弊社では、翻訳管理ツールを活用した管理体制で、高品質な翻訳を効率的に行うことができます。

よくある翻訳時のトラブル

翻訳時には、以下のような問題が起こり得ます。

  • 翻訳者によって表現のブレ
  • スペリングミスなどのヒューマンエラー
  • 規模が大きくなるにつれて増加する人的コスト

このような問題を翻訳管理ツールを活用することで解決が可能です。

翻訳管理ツールとは

翻訳支援ツール(CAT=Computer Assisted Translation)や、このコア要素である翻訳メモリ(TM=Translation Memory)と呼ばれており、近年はツールがクラウド化し、さらにマネジメントの仕組みなども強化されて翻訳管理システム(TMS=Translation Management System)という名称で呼ぶツールが増加してきました。

これらはシステムの中で、プロジェクトなどの階層概念を持ち、原文、翻訳文、用語集など文章を要素別に管理することを可能としています。

翻訳管理ツールのメリット

翻訳管理ツールによる問題解決に加え、クオリティとコスト面でのメリットもあります。

  • 一貫性のある翻訳
  • 翻訳メモリには、原文テキストと翻訳テキストのデータが蓄積されます。これにより、頻繁に使用する表現や重複する単語を再利用することが可能です。
    そのため、複数の翻訳者が携わる大規模な翻訳案件でも、表現に一貫性のある文書を作成できます。
    また、新たなページを作成する場合でも他ページとの表記ルールを踏襲することができ、全体を通して一貫性を保った翻訳を行うことが可能となります。

  • コスト削減
  • クラウド翻訳管理ツールにより、メールでの翻訳文書のやり取りなどが削減されます。さらに、搭載されたAPIにより他ツールとの連携をスムーズに行うことができます。これらの機能により、翻訳作業が大幅に短縮され、結果的に翻訳コストを抑えることが可能です。

こうした翻訳管理ツールの利用メリットは、ウェブサイトが大規模になったり、メンテナンス期間が長期に渡るほど大きくなります。

外国語ウェブサイトのリニューアルや、既存外国語ウェブサイトに掲載している翻訳文の品質管理をご検討の場合は、ご相談くださいませ。