Accessible Code (アクセシブルコード)

Accessible Code (アクセシブルコード)とは

アクセシブルコード

Accessible Code(アクセシブルコード)®は、日本語を読むことが出来ない外国人、文盲の方、視覚障害をお持ちの方々が、スマートフォンで読み取って、外国語や音声で情報を取得できるように作られた2次元バーコードです。

通常は、商品パッケージ(包装資材)に印刷してご利用頂くことで、その商品の原材料、用法・用量などを幅広い消費者の方々へお伝え頂けます。商品パッケージの中に、別途、多言語での説明書を内包することなく、最大で15言語の文字と音声によって、消費者は、必要不可欠な商品情報を得ることが可能になります。


 

Accessible Codeの仕組み

視覚障害をお持ちの方々がスマートフォンで簡単に読取れる仕組み

包材サンプル提供: 朝日印刷株式会社様

Accessible Codeは、印刷されるコードの仕様と、印刷面である包装資材の2つの仕様を定めることによって、視覚障害をお持ちの方々がスマートフォンで簡単に読取れ、音声での情報取得が可能になる仕組みを、数多くの実験データに基づいて具現化・規格化しました。(特許出願済み)

全盲の人でも何故スマートフォンが使えるのか? どうやってコードを読取るのかについては、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共同で実施したこちらのプレスリリースをご参照下さい。


まず、印刷されるコードについては以下の仕様を定めています。

  • 2次元バーコードとしてQRコード(1) を使用する。
  • 大きさは一辺10mm以上で、余白を入れた印刷幅を16mm(±1mm)とする。
  • コードの1辺を29セル以内とする。
  • 誤認識を防ぐため、商品バーコードと同じ面への印刷は避ける。

次に、印刷面(包装資材)の仕様については、コードがある位置を触覚によって明示する事が必要です。その際、以下の2つのいずれかの方法を取ります。

  • コードの4隅に、直径約1mmの点字上の突起(点字のJIS規格と同じ仕様)を使用する。
  • コードを囲む4辺をデボス(凹)加工してその存在を明示する。

コードの位置を触覚によって認知させる方法は、その他にもシールによる貼付や、全体をエンボス(凸)加工する方法もありますが、流通上の問題と、既存のパッケージデザインで見られる触覚認知との混同を避けるために、上記の仕様を取っています。

その他にも、弱視や色弱の障碍者にとっても、QRコードは白黒のマトリックスである為、その存在が認識しやすいという利点があります。

Accessible Codeの仕様

包材サンプル提供: 朝日印刷株式会社様

Accessible Codeの強み

Accessible Codeは、3年以上に渡る視覚障害者支援団体との取組みの中で、現場のニーズを詳細にヒアリングすることによって誕生しました。視覚障害をお持ちの方々にとって、日常生活における最も大きなバリアの一つが、食品や医薬品など実際に口にするものの情報を自分自身で取得するのが難しい事です。(以下は、視覚障害者100名への複数回答によるアンケート)

こういうものにコードがついていて欲しい(情報が知りたい)

  • 食料品などの種類 — 50名
  • 食品の賞味期限 — 35名
  • 飲料の種類(アルコールや糖分の有無など)— 22名
  • 食品の産地や原材料名 — 19名
  • 薬の情報(処方など) — 17名
  • 服の情報(色・素材・洗濯方法)— 16名
  • 洗剤などの種類 — 14名
  • 受取り郵便物(宅配便など)— 12名
  • インスタントラーメンの食べ方 — 12名
  • 列車やバスの時刻表 — 9名
  • 飲食店のメニュー — 8名
  • 電化製品の説明書 — 7名
  • 役所からの書類 — 6名
  • 音楽CDの種類 — 5名

また、Accessible Codeは、オープン規格であるQRコードを利用しています。その為、消費者が専用のアプリを使う必要が無く、世界中の端末に既にインストールされている汎用的なQRコードリーダーで読込み、音声再生して頂く事が可能です。

Accessible Codeは、これまで多言語表記や点字対応の難しかった商品包装のわずかなスペース(16mm四方)で、視覚障害の有無に関わらず世界中の消費者に商品情報を届けることが出来ます。例えば高齢の方で小さな文字が読みにくい場合でも、簡単にスマートフォンに情報を写し取れれば、文字を拡大して見たり、音声で聞いたりすることも自由自在です。

Accessible Codeのシステムは、バックエンドでPIJIN社が開発したQR Translatorを利用しています。その為、洗練された多言語対応機能と言語ごとに世界最先端の音声合成技術を持ち、サービス自体も常に進化を続けています。また、災害時や製品リコール等、特別な事象が発生した際には、(同じコードを読み取った場合でも)通常と異なる情報を表示させる事が可能です。

Accessible Codeの音声は、一般の健常者が聞く音声よりも少しだけ早い速度設定で再生されます。これは、視覚障害を持つ人の平均的な聴取速度が健常者のそれよりも速い事に起因しています。

ご利用頂くメーカー様のメリット

Accessible Codeをご採用頂くお客様は、その商品情報が、世界のどこで何語によって取得されたのかを管理画面上から確認し、そのデータをCSV形式でダウンロードする事が可能です。(個人を特定する情報は除く)これまでのPOSデータでは、店頭での購入時点までしかその情報が追跡出来ませんでしたが、昨今、国内で販売された商品でも、実際は海外で消費されているケースも増えています。Accessible Codeをご利用頂くと、世界全体でリアルな消費地のデータを掴んで頂くことが可能です。(読取り位置のデータは、個人情報に配慮して、意図的に百メートル程度の誤差≒曖昧さが生じるような取得方法を採用しています。)

スキャン場所のデータ
言語別のデータページビュー数&ユーザー数


 

Accessible Codeの導入まで

Accessible Codeの導入には、商品パッケージ(包装資材)のデザイン改変が必要です。(弊社へご連絡を頂ければ、業種によって業務提携先の印刷会社様をご紹介させて頂きます。)

実際にAccessible Codeをご利用の際には、まず弊社より仮のコードを発行させていただき、それを商品パッケージに印刷頂いた(試作品サンプルの)段階で、Accessible Codeの仕様に合致しているかの認証を受けていただきます。具体的には、視覚障がい者が触覚で認知できるパッケージに仕上がっているか、読み取った後のページが音声読み上げ(スクリーンリーダー)に対応しているかなど、数多くの観点からテストを実施し、テストに合格した製品のみをAccessible Codeとして認証します。

導入にかかる費用は、製品単位での初期費用(画面デザインやコンテンツの翻訳費用など)と、商品の発売個数に応じて必要となるサービス利用料(Accessible Codeを印刷して発売される商品数量によって年単位で課金)です。サービス利用料には、アクセスデータ解析画面の使用料等をすべて含みますが、パッケージデザインの変更や印刷費用などは含みません。

採用事例

Accessible Codeは、大手メーカー様にて2020年発売の商品から随時導入されています。(詳細はこちら


(1) QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。