メインコンテンツにスキップ

多文化共生

Why the English is poor on Japanese sites

It doesn’t take much time on the Web in Japan to realize the English on Japanese companies’ websites generally is poor. As the English translation coordinator at a Web localization company, it is my j…

漢語拼音(ピンイン)

拼音(ピンイン)は、中国語の音節を音素文字に分け、アルファベットの組み合わせで表せるようにした発音表記体系のことです。日本でいう「あいうえお」みたいなものでしょうか。
私が担当している中国語サイト制作案件でピンインを利用する機会があり中国支社スタッフにいろいろと質問をしたことろ、可愛らしいピンイン表(子供用)を送ってくださいました。 画像を見ながら説明をしてくださったのでわかりやすかったです。

グリーンはクリーンな色とは限らない

近年環境への取り組みや配慮を謳っている企業が多くなってきました。

ただ、具体的な施策が書かれておらず、環境を大切に思っていますという数行だけで草原と子どもの写真でごまかしているようなページならないほうがましですよね。

環境配慮をしているように装いごまかすことをGreen washingといいます。

ある有名な企業が、ヨーロッパでロゴの色を黄色と赤から黄色と緑に変えたことなどはその一例だと批判されたりもし…

アジアにおけるソーシャルメディア利用率

アジアにおけるソーシャルメディアの国別利用率調査 Edelman

http://www.penn-olson.com/wp-content/uploads/2011/05/APAC-Social-Media-Map.jpg

以下、私見。

  • 中国はソーシャルメディアについて軒並み数字が低いですが、一方で、メッセンジャーやフォーラム等、ソーシャルメディアよりもこちらを利用しているのではないか。参考:china

[東北地方太平洋沖地震]外国人の方への声がけを

阪神淡路大震災の時、在住の外国人の方への情報提供が遅れ、支援を受けられないという事態が起きました。
当時中学3年生の自分のクラスメイトだった外国人の家族も、車に閉じこもって避難し、
小学校などで配布されていた支援物資を受け取れずに過ごしていました。
でこぼこの市民広場から割れた道路を越え、さらに進んだ道の陰、
車に乗り込んだ彼らの孤独な姿が忘れられません。(当時は携帯もなかった)

twitterやfaceb…

サービス業のグローバル化-アジアの消費市場-

こんにちは。第二回目の投稿です。


さて、今回はジェトロや経済産業省のデータを元にサービス業のグローバル化についての動向をまとめてみました。

図1に上場企業の海外売上高比率の図を示しましたが、これまで日本の非製造業の海外売上高比率は海運業を除き非常に低いことが分かります。

図1


一方、図2に示したように経済産業省のデータを見てみると、2003年以降非製造業の海外現地法人の売上高が大きく伸びていることが分かり…

中国のバレンタインデー

バレンタインデーは中国語で「情人節」といいます。

中国では男性が女性に主にバラの花やチョコレートなどをプレゼントします。

日本とは逆ですね。

この日だけバラが飛ぶように売れていきます。

最近バラの話結構多いですから、

気分転換に「イチゴ」の花を作ってみました。

イチゴとレタスと桃だけですね。

フルーティな「花」のお陰で、

サラダを注文する料金を節約できました。^^

来年量産して、グループ購入サイトに出品しようかなと…

グローバルコミュニケーションの難しさ

弊社中国支社代表の祖が以前から書いているCNETブログで1位になりました。

タイトルは、その名も「どうもどうも!日本語!」。

中国人にとって、日本語でのコミュニケーションがいかに難しいかを端的に表現しています。

日本のクライアント様と弊社中国支社とのプロジェクト調整が私の業務の一部ですが、通常、中国支社とのやりとりは、スカイプやメッセンジャー、メールを通して行います。

もちろん、お互いに「顔」は見えません…