メインコンテンツにスキップ

ジャパンガイド

動画プロモーションにおけるチェックポイント

近年、YouTubeをはじめとした動画配信サービスの拡大で、動画を視聴することは私たちの生活の一部となっています。動画がより私たちの身近なコンテンツになったことにより、動画を活用したプロモーションの需要も大幅に高まってきています。

過去の記事においても、いくつかの動画事例を紹介しているように、現在、ジャパンガイドでは公式ウェブサイトと並行して、公式YouTubeチャンネルの運営を行っています。
202…

新しいスタッフが加入しました!台湾出身です。

こんにちは。経営支援部の石原です。

もうすぐ6月、今年もあっという間に半年が過ぎようとしています。

さて、2月よりジャパンガイドの繁体字チームに新しいスタッフが加わっております。朱と言います。恒例のインタビュー形式でご紹介いたします!


Q: 出身はどこですか?出身地の良いところを教えてください。

初めまして、台湾出身の朱です。ワーキングホリデーがきっかけで日本に来て、東京中心に活動しています。

私の故郷は基…

お客様の声 – 青森県観光国際戦略局観光企画課様:「まだまだ知られていない素晴らしい資源を発信することでさらなる訪日層の拡大へ」

2021年2月12日に青森県の黒石市及び平川市における観光の魅力を紹介する記事「Apples, autumn colors and hot springs – A three day trip in the Tsugaru countryside」を公開しました。

本件は、青森県観光国際戦略局観光企画課様よりご依頼を受け、ジャパンガイド設立者のステファン・シャウエッカー監修のもと、シンガ…

ジャパンガイドの“ターゲットに合わせた記事”ができあがるまで

先日の当ブログ記事では、東京都内のスポット別のアクセスを分析しました。「新宿」や「渋谷」などといった知名度の高いエリアのページは旅マエにアクセスが多く発生していました。一方、「都庁」などの個別のスポットや「高尾山」などの郊外のエリア・スポットは旅ナカのユーザーからのアクセスが多いという傾向をご紹介しました。

この傾向から、「東京」と一括りにされるエリアでも、プロモーションの内容によってターゲットを旅…

ライターの目線:コロナ時代、訪日メディア記事書く時に考えたこと[第二弾]

こんにちは、japan-guide.com繁体字版編集担当の陳です。

ライターマイクによる前回の記事(ライターの目線:コロナ時代、訪日メディア記事を書く時に考えたこと)に続き、私も取材者・ライターの立場から執筆に取り組んだ記事を紹介したいと思います。

記事を書く前提として、まず下記の点が媒体ユーザーの特徴となります。

  • ユーザーは台湾7割、香港3割
  • 20代後半~40代の女性が多い
  • 訪日経験があるリピーターがメ

お客様の声 – 中部経済連合会様:「コロナ禍で行う訪日プロモーションは、翌年度以降の継続的な露出を考える」

全4本の動画の1本目

弊社は、月間UU数約230万人の訪日ポータルサイトjapan-guide.com(以下、ジャパンガイド)の国内総代理店を務めています。
2020年12月10日から2021年2月20日にかけて、チャンネル登録者数19.8万人(2020年4月6日現在)のジャパンガイド公式YouTubeチャンネルにて、「4-Day Road Trip Across Central Japan;

ジャパンガイドのTokyoのアクセスデータをスポット別に分析

日本における最大都市である東京は、外国人観光客から不動の人気を誇るスポットです。
来るコロナ収束後、国境を越えた観光が再開された際には真っ先に賑わいを取り戻すエリアの一つであると考えられます。それと同時に近年、東京をはじめとした主要観光スポットの「オーバーツーリズム」が問題視されているのも事実です。
このような観光が直面する問題に対し、メディアプロモーションが担える役割は何なのか。また効果的なプロモー…

ライターの目線:コロナ時代、訪日メディア記事を書く時に考えたこと

こんにちは。ジャパンガイド繁体字版編集担当のマイクです。

新型コロナウイルスの影響で、国内外の観光業界は困難な時期を迎えています。海外の方がいつ日本に旅行できるか分からない「ウィズコロナ」時代、訪日メディアで日本の観光情報など発信する時に考えたことを、ライターの目線からご紹介します。

環境・媒体の状況と記事プランニング

全世界が鎖国状態になっているため、海外の観光客からの日本の観光情報ニーズや関連検索は…

令和3年度観光庁予算から考える観光業の行方 – 出国税による税収大幅減の影響は大きく、文化庁のインバウンド関連予算は観光庁予算に一括計上

昨年12月末に観光庁から令和3年度の予算概要が発表されました。本予算の主な項目は以下の3つです。

  1. 観光産業の再生と「新たな旅のスタイル」の普及・定着(17億1700万)
  2. 国内外の観光客を惹きつける滞在コンテンツの造成(177億7200万円)
  3. 受入環境整備やインバウンドの段階的復活(208億2100万円)

合計で約400億円となり、令和2年度の当初予算約680億円と比較して約40%減少しました。
やはり201…

コロナ禍によって訪日情報メディアの人気コンテンツにも変化? ~japan-guide.comページ別アクセス数ランキング比較2019年vs2020年~

コロナウィルスの影響が出始めてから1年が経過しようとしています。
今回は欧米豪を中心とする英語圏から多くのアクセスを集めているjapan-guide.com内でのアクセス順位に、コロナ”前”、コロナ”後”でどのような変化が生じているのかみていきたいと思います。

図表1は2020年のページ別アクセス数ランキングTop50をまとめたものです。
2019年のアクセス数と比較し、その順位の変動を「順位変動」とし…