メインコンテンツにスキップ

Seiko Satoさんの記事一覧

About Seiko Sato

「多言語」と「日本語」の解説文の違い、そのポイントは?(横浜港の事例から)

日本には様々な多言語解説文がありますが、そのほとんどは日本人に向けた解説文をそのまま翻訳したものですので、「分かりにくい」と感じている外国人も少なくないようです。

今回は横浜市港湾局様の事例をご紹介しながら、「多言語」と「日本語」の解説文の違いについて触れていきたいと思います。

(事例)横浜市港湾局様の「市民や来街者のまちあるき促進」

2020年12月、横浜市港湾局様より「市民や来街者のまちあるき促進」…

【お客様の声】大山隠岐国立公園 島根県立三瓶自然館 様

2019年の観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」において、島根県立三瓶自然館サヒメル様の英語解説文の作成を担当させていただきました。(実績紹介はこちら

作成にあたりご担当くださった、島根県立三瓶自然館様に本事業に関するご感想をお伺いしました。

自然館内のARマーカー
Q1. 本事業に参画された理由を教えてください。

展示リニューアルに伴い、多言語化を導入予定であり、展示解説などの英訳が…

【お客様の声】ビジットGIFU協議会 岐阜観光コンベンション協会 様

2019年の観光庁「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」において、長良川うかいミュージアム様の英語解説文の作成を担当させていただきました。(実績紹介はこちら

作成にあたりご担当くださった、ビジットGIFU協議会 (岐阜観光コンベンション協会)様に本事業に関するご感想をお伺いしました。

うかいミュージアム様の解説文対象の例
Q1. 本事業に参画された理由を教えてください。

インバウンド受入環境の…

「ネイティブ・スタッフによる取材」はどれだけ最終品質に影響するか?

「ネイティブ・スタッフによる取材」はどれだけ最終品質に影響するか?

これまでの看板・パンフレット・海外向けWebサイトは「単純翻訳」が主流でした。
これは文字通り、日本語を単純に他の言語に翻訳するものです。

しかし、そのような翻訳文章は読み手の外国人のバックグラウンドにより「わかりやすさ」が異なります。私たち日本人が外国人視点に立って翻訳したつもりでも、実は伝わっていないことも多いのです。

昨今のグローバ