メインコンテンツにスキップ

Takaokaさんの記事一覧

About Takaoka

こんにちは。 エクスポート・ジャパン株式会社、代表の高岡です。生まれは徳島県板野郡藍住町、趣味は見知らぬ街の散歩と「世の中を知る」事です。大学を卒業するまでは体育会系で、絵のついてない本(漫画以外)を読んだのが「ノルウェイの森」だけというノー天気野郎でしたが、起業してからはその反動で本を読むのがとっても好きになりました。会社の個性的なメンバーに囲まれて刺激的な毎日を過ごしています。

どちらが優秀?

ほとんど同じぐらいの霊視能力がある二人の霊能力者がいたとします。

一人は、自分が見えている事を相談者にわからせる為に、見えることをすべて話します。

もう一人は、自分が見えることのうち、「相談者の将来にとって言ってあげたほうがいい事」だけを伝えます。

世間でどちらが評価を受けるのかはわかりませんが、ビジネスの世界でも同じような状況があれば、自分は後者を支持したいと思います。

B2Bサイトにおける引合いの国別変化について

EXJが会社として関わっている「東大阪の企業を世界に売込むプロジェクト」の引合いを2003年からずっと見てきて、最近特に目立って増加しているのがインド企業からの引合いである。

元々英語で発信している情報に反応して引合いをもらうのはアメリカの企業が最も多かったのが、ここ1~2年の間にインド企業が逆転してしまった。

ウェブサイトで扱っている製品が機械・工業系のものが多く、インドで急速に製造業への投資が加速…

国際紛争の防止について

先日、ある方のご紹介でInternational Crisis Group(ICG)という団体の存在を知った。日本ではほとんど報道されないが、世界各国の実力者が、有志で国際紛争防止の努力を行っている。自分自身でも、イラク戦争を境にして、国際的な重要事項の意思決定がどんな仕組みで行われているかを調査するようになったけれど、事態を大きく動かす事は出来なくても、微妙なバランスでなりたっているこの世界に、…

中国では...

もう3週間も前になりますが、弊社が現地法人の設立手続きを進めている中国の長沙市に行ってきました。現地のネット事情に触れて改めて中国市場の特殊性に納得。日本で中国語のホームページをつくっても、ホストするサーバーによってはとんでもなく読込みが遅かったり、Great Firewallに阻まれたりして表示すらされないものも多いですね。中国市場向けのネット対策に関しては、今後益々現地化が重要になってきそうで…

英語の問合せフォーム

たかが問合せフォームというなかれ! 特に、BtoBを対象とした英語ホームページで問合せフォームが果たす役割は大きい。実は、「英語のページを作ったのに、海外からあまり問合せがこないんです」という事例には、この問合せフォームのつくりが関係している事が非常に多い。日本企業がつくった「英語」の問合せフォームによくある間違いは以下だ。

  • 郵便番号が7桁固定になっている(そんな国少ないよね)
  • 郵便番号が数字入力以外

ビジョナリーカンパニー

今、社内のメンバーからビジョナリーカンパニー2という本を借りて読んでいます。まだ途中ですが、何か読んでいてとてもスっとはいってくる感じがしますね。今まで、マスコミ等で賞賛されていたCEOのイメージに何か違和感を感じていて、Jさんの「わが経営」とかもいやになって途中で読むのをやめてしまったんですが、この本はおもしろいです。

ただ、まあ要はマスコミや一時的な世間の流行に踊らさせず、永続的な真理を追究する…

「ニッポン」のセールスマン

こんな仕事をしていると、同じようなミッションを持った人に会う機会がたくさんあります。今週も、日本オリジナルのTシャツを世界市場に広めようとしている老舗企業の社長や、日本のコンテンツを世界に流通させている企業の社長にお会いしましたが、皆さん「ニッポン」のトップセールスマンですね。現実の市場もちゃんと見えているし、未来への夢も持っている。一緒に仕事できると楽しそうです。

インドパワー

最近、海外からの産業系の引合いで特に増加が目立ってきたのがインド。 先日、NHKでも特集やってましたが、IT技術者の人材供給だけでなく、製造業も育ってきているんだなぁと日々受取る情報から感じます。

海外からこんな詐欺メール届きました

先日、海外から日本人の女性を名乗った419詐欺のメールが届きました。 おまけにパスポートのコピーまで添付されていたのでかなり悪質かと思い、外務省に通報しておきましたが思いのほか早く対応してもらえた様子。