It doesn’t take much time on the Web in Japan to realize the English on Japanese companies’ websites generally is poor. As the English translation coordinator at a Web localization company, it is my job to make sure that is not the case on our clients’ websites, so I have given this problem a lot of thought.

日本でウェブを使うとすぐ気づくことですが、日本企業の英語ウェブサイトの英語は大抵、品質があまり良くありません。ウェブローカリゼーション会社の英語翻訳コーディネーターとして、弊社のお客さまのウェブサイトはそうならないように取り組むのが私の仕事です。そのため、私はこの問題についてたくさん考えてきました。

I have some theories about why these English sites aren’t better:

どうしてこれらのサイトの英語が低品質なのか。いくつかの仮説をたてました。

1. Japanese companies aren’t really making their English-language websites for English speakers. They are making them to impress other Japanese people. So they don’t care about the quality so much.

1.日本企業の英語ウェブサイトにおける、本当の対象閲覧者は英語のネイティブではない―――日本人に良い印象を植え付けるために英語サイトを作っているだけで、品質をあまり気にしない。

2. Some Japanese people are overconfident about their English, so even though they are not native speakers, they feel they can write English content without having it edited by a native speaker. The reality is that it is almost impossible for a non-native to avoid making mistakes.

2. ある日本人は英語に自信を持ちすぎている―――そのためネイティブにチェックして貰わず、自ら英語のコンテンツを書いて、サイトに載せてしまう。実際は、ネイティブ以外の人が完璧な英語を書くのがほぼ不可能です。

3. Japanese workers are reluctant to tell higher-ups that there are problems with the English the higher-ups have written for the website.

3. 日本人の文化―――日本の会社員は文化的に立場が上の人が書いたサイト掲載用の英語文章における問題を指摘するのに抵抗がある。

4. Japanese managers think their native English speaking employees are automatically qualified to be writers and editors by virtue of being native speakers. This is simply not the case. Even among native English speakers, only a small minority can write and edit skillfully.

4. ネイティブ社員に対する過大な期待―――日本企業の経営者は、英語のネイティブ社員は皆ネイティブだから英語を書いたり、編集したりすることが十分得意だと思っている。もちろん、それは違います。英語ネイティブでも、文章を上手に書いたり、編集したりできるのはほんの一握りです。日本人が全員ライター・編集者でないのと同じです。

5. At most, only one native English speaker is involved in the production of a site, so it is up to that one person to catch all the mistakes and problems. In an English-speaking country, the Web editor has support from people inside and outside the company who point out errors and inconsistencies.

5. 英語サイト作成に関わる英語のネイティブは、担当者がいたとしても一人しかいない―――そのため、その一人がすべての問題を自分で見つけて直さなければならない。英語圏の国だったら、会社内外の多くの人が問題を指摘してくれます。

6. No one checks how well the English works once it is posted on the site. It may have seemed OK in a Word file, but once it’s paired with navigation or an image, problems become clear.

6. サイト掲載後の放置―――英語がサイトに載ってから誰もチェックしない。ワードファイルの中の段階では大丈夫に見えたかもしれませんが、ナビゲーションや画像と組み合わせてから問題が判明します。

7. There is a cultural assumption that once something has been delivered, it is perfect. So it is taboo to point out problems only noticed after the deadline. Because they are not pointed out, they never get fixed.

7. 再び日本の文化―――日本では、製品が納品される前は完璧じゃなければいけない。そのため、締切後に見つかる問題を指摘するのが御法度です。そして、指摘されないので、直されないまま放置されるのです。

8. The Japanese site is translated directly without sufficient localization, so the English winds up containing a lot of unnatural phrases.

8.直訳―――日本語サイトがただそのまま直訳される。十分にローカライズされないので、不自然な文言が多くなります。

Does anyone else have any good theories or disagree with these?

これらの説が違うと思う方、もしくは他に良い説がある方がいれば、是非共有して下さい。