大分前(2002年ぐらい)、中学生だった時にMUDというテキストゲームに興味がありました。
MUDの頭文字の意味は「Multi-User Dungeon」。1990年代、世界中で色々なMUDサーバーが稼働していました。

 

MUDゲームはTelnetプロトコルからアクセスができます。Telnetクライエントをダウンロードして【1】、サーバーのアドレスを入れて【2】、テキストのバジックUIが表示されてる【3】とゲームが始まります。(オススメMUDクライエントはTintin++ Mud)

 

– – – – -【1】- – – – –

Tintin++ main screen

– – – – -【2】- – – – –
MUD host address

– – – – -【3】- – – – –
MUD game server access

 

こんな感じです・・・。

 

まるでRPGのボードゲームのように見えます。サーバーはネット上にあるため、複数のプレイヤーがゲームに参加することができます(MMORPGと同じように)。

 

MUDのコードベースの多くはC言語で開発されています。ゲームは100%テキストですので、動作は非常に軽く、パソコンのspecsに依存することがほぼありません。その時、Pentium II(ペンティアム ツー)と32M SDRAMのコンピュータを持っていたけれど、十分でした。

私の場合は、EnsimudMultimudというサーバーにたくさんの時間を費やしました。

 

そのサイトでMUDサーバーのリストとランキングがあります:

TopMudSites

Mud Connect

 

キャラクター作成後に、ルームに入って「command」か「help」にタイプしたら全部のコマンドが画面に表示されるとおもいます。そこから楽しんでください!

 

数年後インテラクティブなWEBサイトの形みたいにグラフィックMUDが出てきました。今、3Dゲームの影響でMUDがだんだん消えています・・・。

 

しかしながら、MUDも進化しました。今のMUDには、例えばInteractive fictionというテキストアドベンチャーがありますが、ソフトのおかげで簡単に作ることができます。下記は「Interactive Fiction」ビルダーソフトです:

ADRIFT

TADS

 

(C言語のコーディングスキルも必要ないです)
ADRIFTがシングルプレイヤーのオプションしかないです。ぜひMUDかIFストーリをやってみて下さい。

 

なにか質問があれば、コメントどうぞ!