最近は、ボジョレー・ヌーボー祭でした!
だから、今日はそのワイン祭りについての記事を書くことに決めました。

Le Beaujolais Nouveau (ボジョレー・ヌーボー)
ボジョレープリムールとも呼びます

ボジョレーはフランスの地域の名前で、その場所はリオンとマコンの町の間です。
(下記の地図を参照してください)

ソース : technoresto.org

1951年9月8日にフランスの国家は条例を発し、AOCのワインが12月15日以前の出荷を禁じました。しかし12月15日では遅すぎる!と、ワイン組合への苦情が相次いだため、次の公式文書は出ました。それで、1951年11月13日にボジョレーヌーボーを販売解禁としました。今、「Beaujolais Nouveau」の日は毎年11月の第三木曜日に開催されます。ブドウの組成について地面は粘土、石灰岩と花崗岩です。毎年、「Beaujolais Nouveau」の45万ヘクトリットルを生産されており、その半分以上がアジアに輸出されています(主に日本と韓国)。

今年は日本でそのイベントに初めて参加しました。日本は、フランスより「Beaujolais Nouveau」の祭が人気と思います。フランスに他のもっと美味しいワインが同じ値段でありますので、人がボジョレー・ヌーボーをあんまり飲んでないかも知りません。価格は4€ぐらいです・・・やっぱり、ボジョレー・ヌーボーはマーケティングプロダクトですね。

三年前「Beaujolais Nouveau」のワイングラスの収集を始めました。
その期間フランスに行く機会があれば、ぜひコレクションしてください!

ワイングラスはそんな感じです:

箱根では毎年、ボジョレー・ヌーボーのワインお風呂で泳ぐことができます!

以上です!☆