「簡体字を使っている人は、繁体字が読めますか」という質問をよくされますが、答えはもちろん「是的!(YES)」です。

簡体字と繁体字がはっきり使い分けされるようになったのは1960年代からですが、今中国で一番オフィシャルな国語辞書「新華字典」に掲載されている漢字には、繁体字の書き方も書かれています。その他、中国では書道の見本やKTV(カラオケ)等もほとんど繁体字で、街で繁体字の看板を見かけるのも珍しくないことです。簡体字と繁体字はただ書き方が違うのみで、文法と発音は基本的に同じです。そのため、今中国大陸における正式な文字は簡体字ですが、繁体字は別言語という認識は全然ありません。

しかし、読める事と正しく書ける事は、別モノです。言語の変化や用語習慣により、同じものの呼び方が違ったり、同じ漢字でも表記方法が違ったりします。

最近流行っているiPad miniのコピーを例として、英語・日本語・簡体字・香港繁体字と台湾繁体字を見比べてみましょうか。

英語

日本語

簡体字

香港繁体字

台湾繁体字

それでは、
各言語間のコピーの違いを少しずつ見比べていきましょう。

  • 英語:There’s less of it,but no less to it.
  • 日本語:何一つ省かずに小さくしました。
  • 簡体字:减小,却不减少。
  • 香港繁体字:少了,但沒少了。
  • 台湾繁体字:簡,而未減。

※ こちらはコピーの文言なので、言語の違いとはいえないです。中国語として3つとも素敵な表現です。個人的には台湾のバージョンが簡潔で一番いいと思います。

  • 英語:screen
  • 日本語:スクリーン
  • 簡体字:屏幕
  • 香港繁体字:屏幕
  • 台湾繁体字:螢幕

※ 中国語では「屏幕」と「螢幕」どちらとも使いますが、台湾ではipadの場合、「螢幕」のほうが自然ということでしょう。

  • 英語:performance
  • 日本語:パフォーマンス
  • 簡体字:性能表现
  • 香港繁体字:效能
  • 台湾繁体字:效能

※ 簡体字では、「效能」より「性能表现」のほうがよく使われています。

  • 英語:cameras
  • 日本語:カメラ
  • 簡体字:摄像头
  • 香港繁体字:鏡頭
  • 台湾繁体字:攝錄鏡頭
  • 英語:battery life
  • 日本語:バッテリー
  • 簡体字:电池使用时间
  • 香港繁体字:電池使用時間
  • 台湾繁体字:電池續航力

※ 「続航力」もともと飛行機や船の用語ですが、ここでは台湾式のおしゃれが感じられますね。

  • 英語:Learn more
  • 日本語:さらに詳しく
  • 簡体字:了解更多
  • 香港繁体字:進一步了解
  • 台湾繁体字:進一步了解

100文字にも満たない文章でここまで違いがあるとは、意外でしたか。
香港・台湾向けのサイトを作る時には、繁体字の翻訳は言語変換ツールを使っての変換で済まさず、十分に気をつけないといけない、ということですね。