欧米からの訪日外国人に最も利用されているwebサイトのひとつjapan-guide.comと、アジア地域において日本最大級のSNSファン数を要するFun! Japanが提携。すでに、訪日外国人の情報源の6割以上がwebを含むデジタル情報に移行している今日、2つのメディアが提携する事で、web、SNS、欧米、アジアと、世界全方位でのデジタルプロモーションが可能になります。

japan-guide.comとFun! Japanが提携

japan-guide.comを含めて海外向けwebプロモーションを専門とするエクスポート・ジャパン株式会社と、SNSで約430万人のファン数を有するFun! Japanを運営する株式会社Fun Japan Communicationsは、双方の強みを活かして、日本企業や自治体が行う全世界向けのデジタルプロモーションをワンストップで支援する体制を構築する事で合意しました。

japan-guide.comは、英語で日本を紹介するwebサイトとして1996年より運営を開始。これから日本を訪れる予定の外国人や駐日の外国政府関係者などに多く利用されていて、サイトへの登録会員数は97万人に達しています。また、サイト内にあるForumでは、毎月約4千件の日本に関する情報が英語でやり取りされ、日本と関わりが深い外国人の間では重要な情報源の役割を果たしています。japan-guide.comのユーザーは、英語圏からの利用割合が最も高く、月間でおおよそアメリカから26万人、オーストラリアとシンガポールからそれぞれ10万人、イギリスから6万人、カナダから4万人となっています。

一方、Fun! Japanはweb会員数55万人、facebookファン数がインドネシアタイマレーシア台湾ベトナムインターナショナル(英語)で合計して430万人を超える、アジア地域最大規模の日本紹介メディアです。

更にエクスポート・ジャパンでは、JICAやJRなど公的機関や公共交通機関の公式外国語サイトを数多く手掛けている実績があり、Fun Japan CommunicationsはJTB、日本通運、三越伊勢丹、JALの4社が株主で、すでにオンライン以外で人や物を国際輸送する機能を有しています。

今回、両社の強みを統合すれば、例えば、基幹プラットフォームになるwebサイトの企画・制作から、そこを拠点としたデジタルプロモーション。最後に、生まれた需要をリアルな流通につなげていくまでの一連の流れが完成します。そして、それぞれの分野において、すでに実績のあるプロフェッショナルが担当する事によって、「結果を出せる」バリューチェーンが誕生します。

これからの日本が国際競争力を維持していく上で、世界で主流となっているデジタルマーケティングを、世界全方位で効果的に行える体制は欠かせません。今回の提携により、日本がすでに強みとしている製造業の海外展開や、地域の魅力ある観光コンテンツの海外認知度アップに貢献できるサービスが生み出されるものと確信しています。

株式会社Fun Japan Communicationsについて

株式会社Fun Japan Communicationsは、株式会社ジェイティービー、日本通運株式会社、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、日本航空株式会社が共同出資して設立したジョイントベンチャーです。運営するFun! Japanは、Web会員数55万人、facebookファン数が430万人を超えるアジア地域最大規模の日本紹介メディアです。現在、インドネシア、タイ、マレーシア、台湾、ベトナム、の5つの国・地域に展開しており、インバウンド・アウトバウンド問わず、日本の企業や自治体に対し、アジアへのデジタルマーケティング施策の戦略立案から実行までを一貫して提供しています。

本件に関するお問い合わせ先

エクスポート・ジャパン株式会社
Tel. 06-6208-0161(大阪)/ 03-6214-5881(東京)
担当: 竹内(大阪)/ 高倉(東京)
Email: pr@export-japan.co.jp

株式会社Fun Japan Communications
Tel. 03-6402-5521
担当: 原田
Email: inquiry@fj-com.co.jp
URL: https://fj-com.co.jp/contact/