アメリカのインターネット調査会社Experian Hitwiseによると、4月のアメリカにおける検索エンジンシェアはGoogle.comが71.4%で2位以下を大きく引き離して1位、続いてYahoo.comが14.96%で2位、bing.comが9.43%で3位、ask.comが2.18%で4位となっているようです。

Experian Hitwiseによるアメリカの検索エンジンシェア(2010年3月~4月)

また、StatCounter(同じくアメリカのインターネット調査会社)によると、世界の検索エンジンシェアはGoogle.comが90.39%で1位、Yahoo.comが4.29%で2位、bing.comが3.57%で3位となっているようで、こちらもGoogle.comのひとり勝ちです。
アメリカの検索エンジンシェアと違うのは、4位に中国のBaidu(0.42%)が入っていることでしょうか。

StatCounterによる世界の検索エンジンシェア(2009年11月~2010年4月)

1位と2位との差の開きから、英語での情報発信にはまだまだGoogle.comへの対策が重要となって来そうですね。