韓国企業、特にグローバル企業や大手企業の場合、英語サイトに力を入れているけど、そのクオリティがよくないサイトが多くあることが5月23日の新聞記事に出ましたので共有します。クオリティの低下が企業へのイメージの低下にもつながる例も色々ありますのでご参照ください。

◎英文ページでよくある間違い

・表現のミス

貧弱な語彙選択や文章構成が小学校水準のところがかなりある。

「Love Factory=愛があふれる工場」、「Challenging People=挑戦的な人」などのニュアンスが違う単語使用が多い。

・リンク切れ

国内向けのサイトへの接続および系列社へのリンクが切れている場合がある

・情報量不足

英語での情報が足りないところが多いし、その企業と商品紹介などの情報も派手な単語だけが使われている場合が多い。

原文は下記のURLから確認できます。Yahoo翻訳機で翻訳しましたので時間がちょっと掛かります。

原文記事を見る≫