韓国でのブラウザシェア(2009年1月~7月)

韓国でのブラウザシェア(2009年1月~7月)

韓国は他の国に比べてIEへのシェアが高いです。その中でもIE 6のシェアの方が高い方です。IEのシェアが高いのが問題ではなく依存率が高いのが問題です。既存のシステムがIEを基準に作られているため、銀行の振込みシステム、ECサイトでの決済、官公機関のシステムがIE以外のブラウザでは対応していないのが現状です。徐々にその決済機能を使えるサイトも出てきていますが、それでも圧倒的なIEへの依存度は他のブラウザの普及を制限させています。企業や政府としてはまた新たな投資が必要なので他のブラウザで自由に決済、振込などの機能を使えるのはまだまだ先のことのように見えます。