私の周囲の多くの外国人は、日本の政府やマスコミや企業は情報を隠ぺいしていると思っています。
最近、政府の原発事故調査委員会の中間報告やテレビ番組の特集等で原発事故当時の真相が明らかになりつつあります。
確かにパニックを防ぐためにSPEEDIの放射能汚染拡大情報やメルトダウンを直ちに公表しなかった件,枝野前官房長官が原子炉が爆発しているのに爆発事象のようなと言った件や直ちに影響はありませんとのぼやかしの表現等隠ぺい矮小化の事実が明確になりました。
しかし、隠ぺいと思われていることやぼやかしたりごまかしていると思われていることの多くは日本人気質による部分も少しあったと推察します。
日本人と欧米人中国人韓国人との気質の違いを日常的に感じます。
一般的に外国人は細かいことを気にせずおおらかですが、自分の考えについては率直に主張します。
一方、日本人は自己主張を押さえる奥ゆかしさが美徳とされてきて、よくしゃべる男や女は軽い人間とさげすまれ、沈思熟考型が好まれます。
ひと昔前、CMでも「男は黙って○○ビール」というのが一世風靡しました。
男らしい日本人と言えば黙して語らずの高倉健さんでした。

そして、「おかみ」意識と集団主義・官僚主義が特徴です。
以前勤めていた会社も官僚的でしたが、ある問題の解決で○○電力の人事部長にお会いしたときにはびっくりしました。
部下が上司に直立不動で話しているのです。
人事部長の思考も上はどう思うかばかりで電力会社は上のことを第一に考える超官僚的な会社と思いました。
その会社の幹部候補の一人になっていた小学校時代の友人にどんな会社なのと思わず電話したほどです。
管前首相もイラ管との呼び名通り、原発事故のときに周囲の人に盛んに怒鳴っておられました。
特に官僚やスタッフや大会社の人たちはこれまで優等生で育ってきたため、人に怒られり怒鳴られた経験が少ないので委縮してしまいました。
これでは、下の者は上の者に率直に意見を言えないのです。
つい周囲と同一行動をとる集団主義におちいり、独自の考えで行動ができなくなってしまいます。
本社や官邸の意向を無視して注水作業を続行指示した吉田前所長はまれな日本人でした。
アメリカ占領政策でもっとも成功した国が日本と言われています。
これも日本人特有の「おかみ」意識と黙って従う従順さによるところが大きいと思います。

しかし、震災で日本人の美徳も発揮されました。
・混乱の中でも順番に並ぶ礼儀正しさ
・買いたい客が殺到していても値上げしない正直さと信頼感
・避難所における周囲への気配りや親切心や協調性

この震災でこれまで語られてきた日本人の欠点や長所が一層世界に明らかになったのではないでしょうか?

今後は、世界に生きる新日本人として、ともすれば失われつつある美徳を伸ばしつつ、政府や会社は情報公開を速やかにして外国人に日本人は隠していると思われている欠点を克服していく努力をする必要があると思います。
そのためには、日本語のみならず日本人による外国語での発言や情報発信の増大が急務です。