自治体の観光や防災案内を多言語で利用できるようにする事や、五輪などの国際イベントで行事の日時や会場を多言語で案内するサービスとして、QR Translatorの技術が活用される可能性について、本日の日経新聞の記事で紹介されました。