東京で外国人観光客に人気の見学スポットといえば、築地市場はとても人気です。あまりに人気すぎて見学者のマナーが問われるようになり、ここ数年は立ち入り規制をしたり、閉鎖されていたりしています。

4月も見学者エリアは閉鎖されていたのですが、本日5月10日から、新しい見学ルールで運用がはじまります。

1 見学者数
最大140名(先着順)

2 見学者受付
(1)受付場所 「おさかな普及センター」1階 (勝どき門入り口横)
(2)受付時間 午前4時30分より

3 見学時間
先着順に前半と後半に分け、見学者はそれぞれ70名ずつ、2班に分かれての見学とな
ります。
(1) 前半 午前5時から5時40分
(2) 後半 午前5時40分から6時15分

東京都中央卸売市場HPよ り抜粋


ジャパンガイドでも早速、新しいルールについて築地ページで告知しています。

築地市場

また、今回のルール変更のほかに、見学者が立ち入ってよいエリアと禁止されているエリアの説明や、何時頃にどこに行けばどんな見学ができるのか、といった詳細まで説明しています。

普段から外国人観光客に向けて、各地に足を運んで日本の観光スポットの詳しい情報を発信し続けているジャパンガイドですが、単なる観光案内(基本情報)にとどまらず、「外国人観光客にとって本当に必要な情報を、必要なタイミングで発信する」ことにかけては、とても大きな役割を担っており、この点が毎月100万人ものユーザーに支持され続けているポイントともいえます。