2007年11月28日に中国語検索エンジン百度は中国建設銀行、国美電器などの中国国内のトップ企業と提携し、ブランド検索サービスと言う新しいビジネスモデルの模索を始めました。

データによると、2007年中国検索エンジン広告市場規模は26億8000万元(約428億8000万円)に達しました、前年同期と比べて約70.7パーセントを増加し、検索エンジン広告は中国ネット広告市場で圧倒的な優勢にたちました。

ネットユーザーは百度新規サービス【ブランド検索】を利用することで、手軽にブランドの関連情報を入手することができます。中国電気販売大手「国美電器」のブランド名「国美」を入力すると、検索結果に「国美電器」のホームページが、「国美電器」のロゴなどが表示されます。

検索結果の直下に

  • 「国美報道」(国美ニュース)
  • 「促銷公告」(販促公告)
  • 「商品信息」(商品情報)
  • 「誠久保障」(アフターサービス等)

等の項目もリストされています。該当リンクをクリックすると、それに対応するページが直接表示されます。ブランド検索に加入したら、ブランドの詳細情報はその他検索結果より、優先順位をかけて表示されます。国美電器の関係者の話によりますと、

2007年11月に国美電器は百度ブランド検索を加えて以来、国美電器のホームページは以前より5倍のクリック数を稼ぎ、ウェブサイトの検索回数も20パーセント増加しました。

13.jpg