百度キーワード広告の特殊機能
百度について、前の記事中国語サーチエンジン対策(百度)をご参照

地域限定機能
キーワード広告を指定された地区のユーザーにしか表示しない機能です、うまく利用すれば広告費用の節約ができます。googleのアドワーズにも同じ機能があります。

消費金額上限設定機能
毎日の消費上限が設定可能です。最低限一日30元です(日本円約500円)。消費額が上限に達すと、表示する広告は自動的にオフラインになります、深夜0時回るとまた復活します。注意点としては、上限に達すとすぐにオフラインになるわけではなく、表示しなくなるまでは約一時間の時間が必要です、その間クリックされた分は課金されます。

自動競価(入札)機能
百度特有の機能、手動の入札機能とほかに自動的に入札してくれる機能です、仕組みはあるキーワードの最高入札価格を設定し、システムが自動的に最高入札価格より低い値段で入札してくれます。

残金通知機能
アカウントの残金が少なくなってきた時に、メールで自動的に管理者に知らせてくれる機能です。

グループ管理機能
ユーザーの設定で各キーワードをグループに分けて、管理することができます。たとえば同じグループのキーワードを一斉にアクティブ、一斉に一時停止するなど便利な設定ができます。ここというグループはgoogle adwordsの広告グループとは別物で、ご注意を。

不正クリック防止機能
悪意のある人からの不正クリックを防止する機能を備えていると百度から発表されていますが、実際にどれぐらい機能しているか、測るものがなにもないですね、GOOGLEの「無効クリックレポート」機能みたいなものがあればいいですね、不正クリックについて