hiroshima2
先般、個人的にサポートしているNPO団体の活動に参加し、海外の学生20名足らずと一緒に広島をまわりました。
http://www.worldcampusblog.org/

原爆ドームと平和資料記念館では、悲惨な原爆の史実に直面し、皆言葉を失い胸をつまらせました。
私が驚いたのは、平和資料記念館での音声ガイドの対応言語数。英語、アラビア語、中国語、フィリピノ語、フランス語、ドイツ語、ハングル、ヒンディー語、インドネシア語、イタリア語、マレー語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、タイ語、ウルドゥー語のなんと16カ国語。
そのせいもあってか、館内には沢山の訪日観光客の姿も目に付きました。

その後は、広島人にとっては食卓になくてはならない「オタフクソース」の工場見学とお好み焼き研修会。みな、初めてのお好み焼き体験に大盛り上がり&おおはしゃぎ!
涙と笑いの広島ツアーでした。