今年も終わりに近づきましたので
松岡的2015年映画ベスト10を
お伝えします。

1.マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)
2.野火(Nobi)
3.バードマン(Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance)
4.アントマン(Ant-Man)
5.ミッションインポシブル ローグネイション(Mission: Impossible – Rogue Nation)
6.キングスマン(Kingsman: The Secret Service)
7.ヴィジット(The Visit)
8.海街diary(Umimachi diary)
9.スターウォーズ フォースの覚醒(STAR WARS: THE FORCE AWAKENS)
10.はじまりのうた(Begin Again)

今年は我ら世代が大変うれしい超大作の続編が幾つもあり、
また傑作が非常に多い年で、
10選以外も良作が多数ありました。

中でも上記ベスト3は群を抜いて素晴らしかったです。
ここ数年でこれほどの作品は無かったです。
ただその3作とも、劇場で見ることをオススメします。
3作とも考えるのではなく、感じる(体感する)作品のため、
迫力、没入度が格段に変わります。
僕はどこかで再映していたら、また行きたいです。