既に多くの皆さんがお気づきの通り、訪日旅行者の多くが旅行前にインターネットで情報収集をする今日、自社の存在やサービスを効果的にネット上でユーザに知ってもらうことは、欠かすことができません。

この、「ネット上でユーザーに自社の存在を知ってもらう」方法は、大きく2段階に分けられます。

1.自社紹介やサービスの内容を、まずはネット上に存在させる
2.そのページへの流入を促す

この2段階を具体的な方法として言い換えますと、

1.=きちんとした外国語のページを制作し、
2.=プロモーションを行う

ということになります。

外国語のウェブサイトを既にお持ちの日本企業では、この方法でインバウンド(訪日旅行者)の獲得に注力されています。
特に訪日外国人の旅行にかかせない、宿泊施設やツアー予約、高速バス予約、レストラン情報サイトなどは英語・韓国語・中国語(繁体字、簡体字)での言語対応が急速に整いつつあります。

一方で、宿泊や移動手段などベーシックな情報の他に、実際の旅行に際して得たい情報として、ショッピングやレジャーなどの情報も、外国人ユーザーからはとてもニーズが高いカテゴリです。日本のメディアでも、中国人観光客が大型バスでやってきて、高額商品を次々と買っている姿は何度も報じられていますよね。

20090119-4

しかし残念ながら、お店の情報(店舗の紹介や、実際に売っている商品の紹介など)は、現状外国語ではまだなかなか存在しておらず、訪日前の外国人にはなかなか得にくい状況です。

ここには、ひとつ大きな問題点があります。

オフィシャルHPを作成するには、大きな初期投資が必要

ということです。

今後訪日外国人が増えてくることで、国内の小売業やレジャー施設も外国人の集客に力を入れたいと考えていらっしゃる企業様は既に多くいらっしゃると思います。

しかし、お話をしていくと、

「プロモーションといっても、何からはじめたらいいのか?例えばいきなり英語・韓国語・中国語のサイトを用意しなければならないのは、初期コストがかかりすぎる」

というのが現状です。もちろん、外国人が増えるとはいっても、その増え方にはまだ未知数的な部分も多く、この状況は当然のことと思います。

そこでジャパンガイドでは、このような状況のクライアント様に対して、「ショッピングセクションへの掲載」をおすすめしています。

店舗の担当者様は日本語で自社の魅力や取り扱い商品のご紹介などを入力し、写真をお送りいただくのみで、先ほどの1.と2.が同時に実現できます。必要な経費は最低限で済みます。
対応言語は、現在の訪日客のおよそ9割をカバーする、中国語(簡体字・繁体字)韓国語、そして英語の4カ国語です。

mikihause

翻訳も、通常は企業のコーポレートサイトなどをてがける各言語のネイティブが担当しますので、質の高さを保ったまま、自社紹介・サービス内容を外国語で各国のユーザーに伝えられます。

外国人ユーザーはこのページを見て、「日本へ行ったらこのお店で買い物をしよう」と個人旅行の計画に組み込むことになります。
そして実際の訪日時には、地図やクーポンを印刷してクライアント様のお店へ訪れるという仕組みです。

また、ある一定期間掲載を続けることで、検索エンジンからも各言語の店名などで上位に表示されるようになっています。(SEO対策)

以下はミキハウス様の例です。(2009年12月17日現在)

【英語】Google.com での検索結果

1位にミキハウス様の英語ページが表示されます。

mikihause_en

【中国語簡体字】百度 での検索結果

1位にミキハウス様の簡体字ページ、3位には繁体字ページが表示されます。

miki_baidu

【中国語繁体字】Yahoo!香港 での検索結果

1位にミキハウス様の繁体字ページが表示されます。

miki_tw

既にユーザーが集まっているサイトだからワンストップで行える、「制作+プロモーション」サービスです。
特に店舗様には便利に利用していただいて、外国人のネット上での集客をおまかせいただければと思っています。

費用や掲載方法などは、こちらで詳しくご案内しています。
ショッピングセクション掲載サービス