先日、ある方のご紹介でInternational Crisis Group(ICG)という団体の存在を知った。日本ではほとんど報道されないが、世界各国の実力者が、有志で国際紛争防止の努力を行っている。自分自身でも、イラク戦争を境にして、国際的な重要事項の意思決定がどんな仕組みで行われているかを調査するようになったけれど、事態を大きく動かす事は出来なくても、微妙なバランスでなりたっているこの世界に、少しの方向性を与える為の努力は、身近な部分からでも始められるのではないかと考えるようになっている。