動的ページを使う場合は、Googleサイトマップの利用をお勧めします。
Googleアカウントお持ちの方は、URL リストを含む簡単な形式のXML ファイルを作成することで、ウェブ サイト内のクロールさせたい URL を検索エンジンに知らせることができます。 必ず登録される保障はないですが、やっておいたほうがクロール精度を上げることができます。

Googleウェブマスター ツールを使うと、googlebotのクロール率も設定可能になります。さらに検索エンジンから削除したい情報の提出も可能です。

googleサイトマップのXMLデータは手書きでも作成できます(する人はいないと思いますが)、検索すればいろんなツールが出てきます。XMLなのでDBと連動して自作ツールでも作成できます。ただUTF-8 エンコードで作成しなければなりません。

中身は以下のように



< urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
< url>
< loc>http://www.example.com/
< lastmod>2005-01-01
< changefreq>monthly
< priority>0.8

loc ページの URL
lastmod 最終更新日
changefreq 更新頻度
priority サイト内の他の URL と比較したこの URL の優先度

動的ページSEO:Googleの見解
動的ページSEO:PHPファイルの静的化
動的ページSEO:URL擬似静的化