中国ではIMソフトの普及は現存の通信方式に大きな影響をもたらしています。

IMソフトはリアルタイムと低コストの特性があるので、IMソフトの出現によって、電話や電子メールの利用回数を減らしているユーザーは約6割です。仕事用にもどんどん使われています。中国のIMソフト市場シェアーは日本と違って、国産のQQは84%で、ほぼ独占する状態です。第2位のMSNは13%だけです。詳しくはこちら