よくネット利用するユーザーは情報を検索する時に、第一のサーチエンジンで満足の答えが得られなかった場合、第二のサーチエンジンで補足情報を探すのが普通です。日本の場合はyahooでお気に入りの情報が得られなかったら、goolgeで検索してみるという第二の選択肢があります。CNNICの統計データより中国では【第二の選択】市場はgoogle中国がリードしています。

google中国(谷歌) 37.8
baidu(百度) 26.9
yahoo中国(雅虎) 12.9
sogou(捜狐捜狗) 11.5
iask(新浪愛問) 4.7
そのほか 6.2

11.gif

ユーザーの第2の選択肢ではGOOGLE中国は百度を逆転、首位に立ちました。2強をサーチエンジン市場を独占する結果がかわりませんが、
第2の選択肢市場では、GOOGLE中国と百度以外のサーチエンジンのシェアは倍くらいに伸びっています。